<   2020年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
コペンL880K HALFWAY ハーフウエイ スポーツECU 素人レビュー
コペンL880K HALFWAY ハーフウエイ スポーツECU 素人レビュー_a0120304_15235207.jpg
<2020 兵庫>



2007年式コペン
ヨメさんのクルマです。
走行8万キロちょっと。
低く視界の悪いコクピットが往年のスポーツカーのような印象でわくわくします。
走り出すと低い乗車位置のせいもあってスピード感もあるのですが、実際はそんなに速くありません。
3000回転ぐらいからぐぐっとエンジンも盛り上がってくるのですが、6000まで回してもあまり変わりません。
それより、ETCの料金所通過してから加速しようとすると、一旦ボボボーと一息ついてから加速します。
追越加速でもちょっともたつく感じ。
レスポンスが悪いというか、このあたりが改善されたらもうちょっと楽しいクルマです。

スポーツETC
コンピュータをいじったら手軽に乗りやすくなるかしらと思って、DスポーツのECUをヤフオクで探したんだけど
うちのコペンが前期型で、前期型用のECUがまったく出てこなくて、それで前期型にも対応しているハーフウエイさんのECU書換をやってみようと思ったわけです。
事前に調べたネットのレビューだと、ドッカンターボのDスポーツ 街乗りのハーフウエイというレビューが多い感じでした。
普段はヨメさんが乗っているクルマだから、ハーフウエイさんの方が合っているかなあと思いました。

ハイオク
名古屋から愛媛へ友人と旅行する途中で、神戸のハーフウエイさんに寄ってECUを書き換えてもらうことにしました。
書き換えるとハイオク仕様になるので事前にハイオクを入れようと思ったら、前日にヨメさんが満タンにしてあって
お店の1キロ手前のガソリンスタンドでやっとハイオクを入れました。20リッターぐらい。ハイオク率60%ぐらいだけど仕方ないなあ。

スポーツECU書換後
お店に到着してトイレに行っている間に書換終了して出来上がっていました。何とも早いです。
プラグの熱価を上げることを勧められましたが、普段からぶん回す方じゃないし、ATだしそのまま行くことに。
さて、どれくらい変わっているのでしょうか?

走り出すと、ほとんど変わった印象がありません。う〜ん、こんなもんか。
すぐに高速に乗って明石海峡大橋方面に向かって走ってゆくと途中から何となくエンジンが軽く回るような印象を受け始めました。
燃料ポンプ内のレギュラーが消費されて、60%ハイオクに変わって来たのでしょう。
なるほど、爆発的というわけではないですが、これはなかなか気持ちよい感じです。

ハーフウエイさんのHPでは、スポーツECUの書換で6〜10馬力アップとあります。
確かにその程度、10%程度パワーが上がった感じです。
ETC料金所からの加速は、以前ほどもたつくことはありません。でもやっぱり多少もたつく感じ。
高速道路での追越加速3000〜6000回転はとても良くなりました。
いままで後ろから迫ってくるクルマが怖かったけど、侮れない程度に引き離すことも手軽になりました。(相手が本気を出さない条件)
帰路のハイオク100%になってからさらに快調。
燃費はいままで高速道路の最高が16キロ/リッターだったのが19キロを楽に超えるようになりましだ。
これで燃費自体は、相対的に一緒になりそう。希薄燃焼になっているのでしょう。
そうなってくると気になる水温は以前のままで変わりなしです。

ヨメさんのレビュー
ハイオクになってガソリン代が高くなったことを気にしておりましたが、燃費が二割近く向上すると無理矢理納得させ、乗らしてみたら、
以前より出足の良さがあって単純に乗りやすくなったみたいで「ありがとう」といってくれました。

今後
へそくり貯まったら、またどこかいじってみようかな。







更新を通知する

写真を撮る人・三澤武彦
プロフィール





Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.

タグ:
by misawa_now | 2020-01-25 16:12 | 三澤家は今・・・ | Comments(0)