なんとなく神様の話
なんとなく神様の話_a0120304_11115238.jpg

<2019 三重 菰野>


いろいろな土地に撮影に行きます。
そしていろいろな神社に行きます。
そこで何となく感じること。
人と接して感じること
何となくまとめてみました。

今年の夏、岡山広島の中国地方に撮影に行って、
山深さと人の言葉の端々から何となく感じたのは、
「ここは神話が出来る前から人が住んでいたんだろうな」ということ。

これが近畿地方になると立派な神社多いせいか、神様も体系化されてきます。
言わば、「神話の中の神様がいるところ。」

自分が住む名古屋から以東は、
何となく神話の中の神様は借り物の印象をうけます。
クリスマスまねてる仏教徒みたいなw
でも、何となく感じるのは
「自分たちの別の神様がある」と言うことかな。

何となくの印象ですが。









更新を通知する





タグ:
by misawa_now | 2019-12-10 11:26 | 趣味の歴史・古代史・考古学 | Comments(0)


<< 写真と目標 私の中のコンテスト... 【写真が上手くならな... >>