SONY RX10m3 レビュー レンズテスト 体感と実際

撮影でSONY RX10m3を同行させることが多いです。
CCDは1インチ。マクロフォーサーズよりも小さいから画質はそんなに期待できませんが
被写界深度の深さと、AFの早さは特筆モノです。
同時に使っているα7Ⅲよりも動く被写体には強いです。
そして何よりも軽くて機動性が良いので、思いがけないシーンとか拾えたりするんです。

SONY RX10m3 レビュー レンズテスト 体感と実際_a0120304_17083498.jpg



このカメラの良さを皆に訴えても、たいてい伝わりません。
みなさん、フルサイズ神話に縛られているからなあ(笑)

24-600という高倍率ズームはとても便利なのですが
体感的に二つのことを感じています。

絞るよりも開放の方がシャープ。
 このレンズ、面白いことに絞るよりも開放の方がシャープに感じます。
 実際どうなのだろうとチャートを使ってテストしてみました。
 (今回はテスト画像は省いてあります) 
 そしたら自分が感じたとおりで画面全域の描写なら5.6がイイ感じですが、
 画面中央の切れ味は開放の方が良かったのです。

望遠性能、望遠にしすぎると甘くなる。
 600まで伸びるんだけど、望遠にしすぎると甘くなる感じ。
 なので、いったいどのあたりから甘くなるのか実際にテストしてみました。

 テストと言っても大雑把なテストです。
 それぞれの焦点距離でいつもピントチェックに使っているチャートが同じ大きさになるように撮影しました。


SONY RX10m3 レンズテスト
画面横の数字は35ミリ換算時

SONY RX10m3 レビュー レンズテスト 体感と実際_a0120304_16443128.jpg
SONY RX10m3 レビュー レンズテスト 体感と実際_a0120304_16443215.jpg
SONY RX10m3 レビュー レンズテスト 体感と実際_a0120304_16443276.jpg
<2019 名古屋>


ブログの小さい画面だとわかりにくいですが
イイ感じなのは400mm相当までかなあと思いました。


それにしても体感って結構当たっているもんだなあ。










更新を通知する





タグ:
by misawa_now | 2019-12-05 16:31 | Aマウントでいこう | Comments(0)


<< 2019/10/25 虹 2019/11/21 お宮参りの朝 >>