2/22 ひとりダイハード
a0120304_16331549.jpg

<2014 三澤家 トイレの窓>




夕方、アスクルから梱包用の段ボールが届く。
90×110センチ、10個入りで厚さ10センチほど。
午前0時をすぎ、トイレに行って段ボールが邪魔だったので,トイレの向かいの壁に立てかける。
で、トイレに入ってドアを閉めるとドアの向こうでドサッという音。
ん?
確認しようとトイレのドアを開けようとするが
外開きのドアはびくともしない。
・・・
どうやら段ボールが倒れて幅90センチほどの廊下にキレイにはまってしまったようだ。
ヨメさんは先に寝ちゃったし、子供達も明日学校だから寝ちゃったし・・・
困った。
とりあえず、叫んでみる。
お〜い
しかし夜中だしどうにも不審だ。
トイレには小さな窓があって、そこから脱出を試みる。
開けると、高さ30センチ 横35センチほどの窓。
上半身を出したところで腹がつっかえる。おまけに窓の向こうに掴まる所が何もなくてにっちもさっちも行かない。
なので、今度は窓のサッシをはずして開口部30×80ほどになった窓から足から脱出を試みようとする。
しかし、肩の高さぐらいにある窓まで足あがらない・・・なので天井の梁に掴まり懸垂の要領で足を浮かせて・・・だめだ全身の筋肉がつりそうだ。

ふとお風呂の灯りがつくのを見つけた、やった救世主だ。
窓から顔出して
(小声で)
「お〜い、風呂入ってるの誰だ〜」
「ん?おれ〜」と次男坊の声。
「ちょっと大変なんだ、こっち来てくれ」
「やだ〜、風呂入ってるし・・・」
「いいから、こい!」
「寒いし・・・」
「大丈夫だから、こい!」
「はあ?うざい・・・」
「おのれ〜」
救世主も反抗期。

ずっと窓を開けているので、夜の風がつめたい。
しかし、外から見たらかなり間抜けな絵だろうな。
そんなこと30分くらいやってたら、ごそごそした物音に気付いたヨメさんが起き出してきてくれた。
おお、君こそトイレの神様だ〜、ありがとう。

ヘタすると朝までトイレの中だった。






Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.
ピックアップブロガーのインタビュー
名古屋和装前撮りロケーションフォト


misawa-world.com
by misawa_now | 2014-02-22 16:32 | 三澤家は今・・・ | Comments(6)
Commented by マスダユカ at 2014-02-27 14:38 x
ご無事で何よりです。まだまだ寒いですしね。奥様gjでした…。しかし、思いがけないもので、思いがけないことが起こるんですねえ。
Commented by misawa_now at 2014-02-27 18:22
マスダユカさんへ
どうもコメントありがとうございます。
これがひとり暮らしだったらどうなっていたのかと思うと怖いですねえ。
Commented by mingming at 2014-02-27 22:32 x
笑っちゃいけないと思いつつ、想像出来て笑いが吹き出してしまいました☆
これに懲りて、お片付けはキチンとしましょう♪(^O^)
Commented at 2014-02-27 22:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by misawa_now at 2014-02-28 01:20
mingmingさんへ
・・・ごもっともで(笑)
窓の外に脚立を置くことにしました。
Commented by misawa_now at 2014-02-28 01:20
のんさん
こめんとありがとね。


<< 2/23 これから結婚する二人へ 2/22 これから結婚する二人へ >>