手作りの結婚式について 【自分たちで作る結婚式】

自分たちで作る結婚式へのアプローチ 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ここ一年ばかり間、結婚式のカメラマン仲間の中で「手作り結婚式」「自分たちで作る結婚式」ということが話題にのぼることが多いです。(2011/2現在)
今の結婚式産業が提供する結婚式は自由がなくて、無駄にお金がかかりすぎるとみんな感じているみたいです。

「手作り結婚式」というと、ウエルカムボードを自分で作ったり招待状を自分で作ったりすることですね、と言われる方も多いのですが、結婚式のフォーマットそのものを自分たちで作ることかなあとボクは思っています。

ふと気付いたら、
自分たち夫婦の結婚式もある意味「自分たちで作る結婚式みたい」だったので、
(後述にもありますが、自分の中に手作りの結婚式をしたという意識がなかったのです)
その時の事を紹介したら、もっと自分たちで作る結婚式のことを身近に感じてもらえるかもしれないと思ってここに書いてみようと思いました。

2019/4 再び自分で読み返してみて、加筆修正


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
三澤夫婦の結婚式

手作りの結婚式について 【自分たちで作る結婚式】_a0120304_813814.jpg


<思い切って自分たちの結婚式の時の写真をここに載せてみることに…1996年三月 常滑大善院にて>

●結婚前の考え
ヨメさんとは同い年で考え方も似ておりました。
儀式としての結婚式は挙げておきたいね。
でも、今さら豪華な結婚式披露宴よりも式のあとにお互いの家族兄弟でお食事会でもしようと話していました。
結婚式の場所は、お世話になっていた常滑の和尚さんのお寺でしようということになりました。


●その後
ヨメさん一人娘だし、義父のためにも花嫁衣装は着せてやりたいなあと。


●そのうち
ヨメさんのお友達が見に行きたいと言い出して、じゃ、簡単にお茶でも出そうか・・・


●そして・・・
友人が多いうちのおヨメさん。
見に行きたいという人が五〇人を越えたきたので、このさいだから宴席でもやろうと・・・、
・・・そうしてようやく重い重い腰を上げました。(最初まったく乗り気じゃなかったの)

で、ここからやっと結婚式の準備らしくなってきます。

この頃の自分は<結婚式の写真>を撮る以前だったのでほとんど結婚式のことはわかっておりません。

何から手を付けて良いかもわからなくて
とりあえず二人で話し合って、全体の方針としては
来る方も気楽、招く方も気楽なものにしたいなあ、ということになりました。


「人を招く」
二人の私事なのに、それにわざわざお越しいただくプレッシャーを感じるのもつらく
まわりの人たちには「結婚式の宴会をします」と声をかけたのですが、出欠をとらないということになりました。
(今思うとすごく大胆だなあ・・・)

そのときの案内がこちら

手作りの結婚式について 【自分たちで作る結婚式】_a0120304_17003726.jpg
<片付けしていたら久しぶりに見つけました。2019>


会費制で一人1000円に。無料だと来る方も気にするので、負担にならない額に。
場所は結婚式を挙げるお寺の広間をお借りすることになりました。


●いろいろな手配
人数がはっきりわからないと、料理やお酒の手配も困ります。
なので
料理は友人がケータリングをしていたので、とりあえず80人の予定で準備をしてもらいました。
あと足りなくなった時、近くのお寿司屋さんにお願いして出前で対応してもらうことに。

お酒も数が読めないので、これまた近所の酒屋さんへお願いして、足りなくなったらその度に瓶ビールを1ケースごと配達してもらうことになりました。

食器は常滑が陶器の町なのでそこら中から借りてきて、グラスはお寺の湯飲みを使うことに。

数人の友人に係をお願いして
受付係 
駐車場係 
料理が足りなくなりそうなったら寿司屋に電話する係
お酒が足りなくなりそうになったら酒屋に電話する係
全体を把握している係

当日の配置表

手作りの結婚式について 【自分たちで作る結婚式】_a0120304_17114262.jpg
<個別に説明しているとわからなくなってきたので、全体の進行がわかる表を作りました。>


当日の司会進行は予定がわかっている新郎新婦みずからがやることになりました。
と言っても、自由に動けないであろうから当日の予定をコピーしてきて
受付で配ることに。

お客さんの移動などの声賭けは全体を把握している係が担当することに。

当日の予定表

手作りの結婚式について 【自分たちで作る結婚式】_a0120304_17093001.jpg
<この予定表を書いていたのが午前四時頃(汗) お寺に向かう壺中のコンビニで100枚コピーしました。>


書いていたら、昔のことをいろいろ思い出してきちゃったなあ・・・(笑)
信じられないけど、ほとんどの準備はボクがやったの。
ボクが手配してきたことにヨメさんが駄目出しして修正する・・・そんな感じ。


で、当日
大雨でしたが、集まったのは150人 会場は人だらけ(汗)

ぼくは本当は写真をたくさん撮りたかったんだけど、家にカメラを忘れてきちゃって・・・それくらいドタバタで大焦り。
だから残っている写真が少ないのです。
実家で支度しているヨメさんを待っていたけど、その待つ間のなんと心細いことか(笑)
こなかったらどうしようw

お寺の広間に集まるみなさんを見ていたら、ただただ、来て頂いてありがとうの気持ちで、
最初に挨拶したんだけど、5秒も話さないうちに頭が真っ白になっていました。
(準備の忙しさで、感謝の気持ちなんて、その時まで忘れておりました)

それから昼から夕方まで延々6時間呑んでおりました。
ほんとありがと。

家に帰ると
お寺に来なかった友人が待っていて、再び宴会・・・

●かかった費用
次の日
ケータリングの支払いが24万
お寿司屋さんが20万ぐらい
酒屋さんに8万円くらい払ってきました。

その他
衣装着付けで20万くらい
その他、手伝ってくれたみなさんへの御礼とかで +α

その節は、いろいろありがとうございました。

---------------------------------------------------------------

何から書いて良いかわからなくて、グチャグチャになってしまいました。
そのうち書き直そうと思います。すみません。

結果的にとても変則的な結婚式になってしまったけど
自分たちができることの範囲で考えていったらこうなってしまいました。

順調に準備したように書いてありますが、実際はバタバタで
結婚式としての体裁を整えなかった(整えることができなかった)ので
三澤夫婦の中では今でも「結婚式とそれに付随する宴会」ぐらいの認識しかありません。
逆に「結婚披露宴をするんだ」と思っていたら、とても準備できなかったかも。
いろいろな余分なことを考えちゃって。

これが最善の方法だとは思いませんが
それでも、来てくれた人はそれなりに喜んでもらえて、
自分たちも会場いっぱいの人を見た時、いろいろな想いが駆けめぐって
やって良かった・・・というより、やらせてもらえて良かったなあと思っています。

こういう形を結婚式だというと、抵抗がある人も多いでしょうが
背伸びもせず、手も抜かず
この宴会は、三澤夫婦そのものでした。





以上です。
ご静聴ありがとうございました。











Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.
出張撮影家族写真
公式サイト


名古屋和装前撮りロケーションフォト
三澤武彦写真事務所・和装ロケのページへ


by misawa_now | 2011-02-22 08:57 | 自分たちで作る結婚式 | Comments(18)
Commented by mi at 2011-02-22 09:34 x
私は結婚式場として夫の会社内の建物をお借りし、みずからトイレ掃除をしましたよ。結婚準備にトイレ掃除ってのも珍しいでしょ。その後の生活は円満です。これぞ「トイレの神様幸福論」
Commented by momolife2713 at 2011-02-22 10:51
なんかいいなぁ。人のつながりで出来上がっていてこれが本来の結婚式の形という気がします。
Commented by ma at 2011-02-22 11:04 x
写真、なつかしいなあ。
うちらも3に近かったかな。 それで結果的に1も2も。
前日に会場の周りを社長みずから草むしりしてくれていたなあ。

新型 まっくぶっくぷろ 今週発表か? 
Commented by misawa_now at 2011-02-22 12:25
ma & mi へ (夫婦です)
なつかしいなあ、こんどma & miの写真を使おう。
Commented by misawa_now at 2011-02-22 12:26
momolife2713さんへ
コメントありがとね。
当日は何が何だかわからないような状態だったけどね。
Commented by misawa_now at 2011-02-24 01:16

いろいろ考えていったら
たぶん「結婚式」という言葉がいけないのではないかと思えてきました。
この言葉には今までの慣習やしきたり、既成概念を彷彿させる響きがあるのでしょうね。
それが結婚式を自由に作ることを妨げてしまう要因のような気がします。
Commented by かずやん at 2011-02-24 10:21 x
はじめまして。    かずやんと申します

いつも おじゃましておりました

感動のお話 心が温かくなって コメント書こうと。

時々 登場される奥様のファンだし
misawaさんの ファンです

ネコちゃんブログも 大好きです
Commented by misawa_now at 2011-02-24 11:38
かずやんさんへ

いつも見て下さって、ありがとうございます。

ヨメさんの登場回数を増やそうかなと思いました(笑)

またよろしくね。


Commented by misawa_now at 2011-02-24 17:05
手作り結婚式の話は
それまでの自分たちの仕事を否定する側面もあるのですが
変えていかなければ何もよくならないと思い
それなりの覚悟でここに紹介しています。
共感者がいらっしゃると励みになります。
Commented by みなみ at 2011-02-24 19:37 x
今までの経験があるからこそ
手作り結婚式に魅力を感じるのかもね。
ちなみに、娘の結婚式を
私が手作りするとしたら・・・って考えると
司会者は不要になってしまうのよね。(笑)
Commented by みさわたけひこ at 2011-02-25 03:30 x
みなみさん、ありがとう。
(以前よく一緒にお仕事をしていた司会者さんです)

そうなんです、ぼくも息子の結婚式の写真は集合写真一枚で良いかなと(笑)仕事なくなっちゃうね。(笑)

Commented by みさわたけひこ at 2011-02-25 03:32 x
また、思い出した。
料理が足りなくなったら、どうしようか考えてて
最初、炊き出しして二人でおにぎり握ろうとしていたんだけど
それはあまりにも無理だろうとなってお寿司屋さんになったんだっけ・・・
Commented by みさわたけひこ at 2011-02-25 03:34 x
また、思い出した(笑)
屋台を頼んでたこ焼きとか焼いてもらおうかなとか話していた。
でも、人が来なかったらどうしようとなって、これもボツになったんだっけ・・・
Commented by misawa_now at 2011-02-26 08:18
またまた、思い出しました。

なぜ出席をとらなかったかというと
「結婚披露宴」と名乗るとどうしても、遠方の親戚にも声をかけないわけにも行かず、そうなると来ていただくのにそれなりのおもてなしをしたいなあと思うのだけど(ちなみに親戚との仲はとても良いです)、そのための予算もなく、だったら披露宴ではなくて「結婚式のあとの春の宴会へのお誘い」という形にして参加は自由という形をとったのでした。。。なにせ十五年前のことなので忘れていることも多いです(笑)
Commented by 市原よしひろ at 2011-06-20 12:18 x
いきなりコメント失礼します。

ほんとベルトコンベアー式に結婚披露宴にゲンナリで。。。
今まさにこの形スタイルの婚礼に憧れています。
Commented by fusk at 2012-05-22 22:36 x
はじめまして。
嫁さんが家から出かけるブログを見て
手作り結婚式の欄も開けました。
こう考える人が増えてきたらいいなあと思います。
私の時は1971年で,ホテルでしたが
まだそうも産業化されていず、ブーケも自分で作りました
2001年、
これはパリに住んでいるから状況は違うのですが。
息子は手作りの結婚式をしたいと言い。友人の助けを借りて
我々両親は出席するだけでしたが、テーブルの花は私がいけました。
この英国の結婚式に似ています。
フランスでは結婚式は必ず市庁舎でやり
市長なり助役が立ち会うのは法律で決められていて
市庁舎にはそのためのホールもあります。
教会で式を挙げたい人は、この市の式が終えてからやります。

Commented by fusk at 2012-05-22 22:38 x
コメントの続きです。(すみませ長文で)
冠婚葬祭の葬式の方も
出来れば昔の様に、お通夜も式も家でやれたらいいのにと思います。
私は30年間パリに住んでおり、一人娘でしたが。
母が6年前に日本で急に亡くなった時、
夫の両親の葬式でお通夜が1時間などと言う故人を偲ぶ時間の少なさに嫌気がさしていたので
母が長年住んでいた家でお通夜も葬式もやりたいと思いました。
やる気になればこんな昔のような葬式が出来るのやと
母を見送ってくれた200人を越す人達の感想でした。
因に酒代は別ですがお通夜の費用はかけつけてくれた友人が
料理をしてくれたので3万円でした。
親戚の坊さんが我々ももうちょっとこう言う事を考えなあかんなと言ってもくれました。
Commented by misawa_now at 2012-05-23 00:12
fuskさんへ
はじめまして。コメントを頂きありがとうございます。
ほんと、自由に結婚式を考える人が増えるといいなあと思っています。最初にベルリンで友人の結婚式を撮影した時も市庁舎で式を行ってました。その後は翌朝まで呑んで食べて踊って・・・初めての体験でカルチャーショックを受けました。
日本人だと結婚式に出席しても、どうしても与えられる側になっちゃうけど、向こうだと自分が楽しむモノという感覚があるのでしょうね。
業者任せにせず自分達でやれば、もっと良いモノになるのに、それを広めてゆけたらと思っています。

ところで、どうしてウチのブログを発見したのでしょうね?


<< 2/23 結婚写真と家族写真 2/21 今日の突然の訪問者 >>