2019/9/28 もうひとつの結婚式
2019/9/28 もうひとつの結婚式_a0120304_01262110.jpg

<2019 愛知 常滑>



俺も、そっちから撮った方が面白いと思う。








更新を通知する





# by misawa_now | 2019-12-13 01:27 | もうひとつの結婚式 | Comments(0)
2019/12/8 七五三の撮影中にトラックが到着しました。
2019/12/8 七五三の撮影中にトラックが到着しました。_a0120304_01243608.jpg

<2019 兵庫 神戸>



新年がやってきました。








更新を通知する





# by misawa_now | 2019-12-13 01:25 | 旅する写真屋 家族写真 | Comments(0)
2019/11/4 生まれたばかりの赤ちゃんに会いに行く
2019/11/4 生まれたばかりの赤ちゃんに会いに行く_a0120304_01063726.jpg

<2019 岐阜 大垣>



四人目の女の子
四人目も女の子








更新を通知する





# by misawa_now | 2019-12-13 01:07 | 旅する写真屋 家族写真 | Comments(0)
写真と目標 私の中のコンテスト JPS展
写真と目標 私の中のコンテスト JPS展_a0120304_14422027.jpg

<2019 名古屋>




【写真と目標】
私の写真は独学です。
若い頃はそこら中のコンテストに応募しまくっていました。
今から30年くらい前の話(汗)
写真をちゃんと学んだわけでない自分にとって、コンペに入賞することは、目標であり自信につながったわけです。
バブルの頃は、いろんな派手なコンテストが乱立しました。
多くは瞬く間に消えていきました。

メーカー系のコンテストは使用機材の条件が合わず、
(当時はそのメーカーのカメラを使うことが必須条件とか多かったのです。)
小さなコンテストは出来レースも多く、
結局、自分が納得できて応募できるコンテストはそんなに多くありませんでした。

JPS展はその意味では大変公平であったと思います。
(JPS=日本写真家協会)

今では珍しい参加費をとる公募ですが、数回応募して入選したのは一回だけでした(汗)
今年もまたJPS展の公募がはじまります。
時代が変われど、昔のスタイルのまま続いている写真コンテスト。
目標とするか通過点とするか過去の遺産とするかは、本人次第といったところです。










更新を通知する





# by misawa_now | 2019-12-12 14:43 | Comments(0)
なんとなく神様の話
なんとなく神様の話_a0120304_11115238.jpg

<2019 三重 菰野>


いろいろな土地に撮影に行きます。
そしていろいろな神社に行きます。
そこで何となく感じること。
人と接して感じること
何となくまとめてみました。

今年の夏、岡山広島の中国地方に撮影に行って、
山深さと人の言葉の端々から何となく感じたのは、
「ここは神話が出来る前から人が住んでいたんだろうな」ということ。

これが近畿地方になると立派な神社多いせいか、神様も体系化されてきます。
言わば、「神話の中の神様がいるところ。」

自分が住む名古屋から以東は、
何となく神話の中の神様は借り物の印象をうけます。
クリスマスまねてる仏教徒みたいなw
でも、何となく感じるのは
「自分たちの別の神様がある」と言うことかな。

何となくの印象ですが。









更新を通知する





# by misawa_now | 2019-12-10 11:26 | 趣味の歴史・古代史・考古学 | Comments(0)
【写真が上手くならな...
【写真が上手くならな..._a0120304_07584097.jpg


【写真が上手くならない人の特徴】

あるワークショップに通ってそれでもさっぱり写真が上手くならない人の話を聞いた。
気付いたのは先生の事をちょっと自慢しすぎ。
誰が写真撮ってるの?
あなたが写真撮ってるんじゃないの?
自分がないというか…

そこでハタと気付いた。
写真が上手くなる一番の秘訣は、自分のことを好きになることなんだと。
先生に基準合わせても意味がない。
自己肯定できなければ何も生まれて来ないし。




# by misawa_now | 2019-12-08 07:58 | 三澤家は今・・・ | Comments(0)
2019/9/28 レクサス写真展

2019/9/28 レクサス写真展_a0120304_03040997.jpg
2019/9/28 レクサス写真展_a0120304_03040827.jpg
<2019 名古屋>



お声がかかり近くのレクサスの販売店で写真展をしました。

今までたくさん写真展をやってきましたが
やって下さいとお声がかかることは滅多にありません。
うれしいなあ。



2019/9/28 レクサス写真展_a0120304_03040905.jpg

やってきた友人はクルマ見てました。











更新を通知する





# by misawa_now | 2019-12-06 03:06 | 三澤家は今・・・ | Comments(0)
2019/10/25 虹
2019/10/25 虹_a0120304_02550412.jpg

<2019 名古屋>




誰だって虹降る町に住んでいます。



東京の人と話していると
地方地方と言われてちょっと悲しくなったところに
こんな虹が現れてくれました。







更新を通知する





# by misawa_now | 2019-12-06 02:56 | 三澤家は今・・・ | Comments(0)
SONY RX10m3 レビュー レンズテスト 体感と実際

撮影でSONY RX10m3を同行させることが多いです。
CCDは1インチ。マクロフォーサーズよりも小さいから画質はそんなに期待できませんが
被写界深度の深さと、AFの早さは特筆モノです。
同時に使っているα7Ⅲよりも動く被写体には強いです。
そして何よりも軽くて機動性が良いので、思いがけないシーンとか拾えたりするんです。

SONY RX10m3 レビュー レンズテスト 体感と実際_a0120304_17083498.jpg



このカメラの良さを皆に訴えても、たいてい伝わりません。
みなさん、フルサイズ神話に縛られているからなあ(笑)

24-600という高倍率ズームはとても便利なのですが
体感的に二つのことを感じています。

絞るよりも開放の方がシャープ。
 このレンズ、面白いことに絞るよりも開放の方がシャープに感じます。
 実際どうなのだろうとチャートを使ってテストしてみました。
 (今回はテスト画像は省いてあります) 
 そしたら自分が感じたとおりで画面全域の描写なら5.6がイイ感じですが、
 画面中央の切れ味は開放の方が良かったのです。

望遠性能、望遠にしすぎると甘くなる。
 600まで伸びるんだけど、望遠にしすぎると甘くなる感じ。
 なので、いったいどのあたりから甘くなるのか実際にテストしてみました。

 テストと言っても大雑把なテストです。
 それぞれの焦点距離でいつもピントチェックに使っているチャートが同じ大きさになるように撮影しました。


SONY RX10m3 レンズテスト
画面横の数字は35ミリ換算時

SONY RX10m3 レビュー レンズテスト 体感と実際_a0120304_16443128.jpg
SONY RX10m3 レビュー レンズテスト 体感と実際_a0120304_16443215.jpg
SONY RX10m3 レビュー レンズテスト 体感と実際_a0120304_16443276.jpg
<2019 名古屋>


ブログの小さい画面だとわかりにくいですが
イイ感じなのは400mm相当までかなあと思いました。


それにしても体感って結構当たっているもんだなあ。










更新を通知する





# by misawa_now | 2019-12-05 16:31 | Aマウントでいこう | Comments(0)
2019/11/21 お宮参りの朝
2019/11/21 お宮参りの朝_a0120304_21521432.jpg

<2019 三重 津>


出掛ける前に写真を撮りたくて撮影の準備です


2019/11/21 お宮参りの朝_a0120304_21524362.jpg


主役はいたって絶好調


2019/11/21 お宮参りの朝_a0120304_21555272.jpg


これ撮ったら、おむつ替えて出掛けましょうか?


撮影も人生も自分の好きなようにやってるつもりでも
自分はいろいろな影響の元に成り立ってるに過ぎない。
だから自分に何をさせたいのかなと考える。
何をするために生まれてきたのかと考える。








更新を通知する





# by misawa_now | 2019-12-04 21:56 | 旅する写真屋 家族写真 | Comments(0)
2019/10/15 お宮参りの朝 
2019/10/15 お宮参りの朝 _a0120304_21431307.jpg

<2019 愛知 稲沢>


たしかなこと



リビングに入ったら
静かな光の中で今日の主役が寝てました。

あかちゃんって、一日中見てても飽きません。
遠くからいらした新しいおばあちゃんの姿は
見えないモノを聞こうとするような
何かを確かめる感じ。



更新を通知する





# by misawa_now | 2019-12-04 21:50 | Comments(0)
七五三と神社と撮影禁止の話 【愛知/名古屋】
七五三と神社と撮影禁止の話 【愛知/名古屋】_a0120304_23511914.jpg




「なんかあったんですか?」
撮影禁止になったりした神社さんに、それとなく理由を聞いてみました。

愛知岐阜三重の東海三県、名古屋の地区でも
撮影禁止の神社は以前からありました。
そこで神社さんから聞いた話をまとめてみました。

2015年以前、神社さんが撮影禁止になる多くの理由は、すでに神社に写真屋さんが入っていることが多かったです。
それでも、黙認だったり、グレーゾーンだったり、あからさまに禁止なところはごく少数でした。
撮影禁止だとお咎めにやってくる方の言い分は次のようなことでした。
「ウチの名前で商売するな」
そういうつもりはなかったのですが、それ以来、他の神社に行くようになりました。
(逆にウチの名前をどんどん出して下さいという神社さんもありました)

近年の出張撮影と七五三のブームでこれまで大丈夫だった神社さんも、次々と撮影に厳しくなってきました。
多くの場合は撮影側のマナーにあると感じています。
そんなもんで伺った先で機会あるごとに話を聞いてみたりしています。


撮影禁止になったり申請が必要になったりした理由

●ご祈祷しないで撮影だけして帰る
  これが一番多い理由でした。確かにごもっともな理由です。

●境内での「〇〇ちゃ〜ん、こっち向いて〜」など掛け声が騒がしくて、祈祷中の拝殿にまで聞こえてくる。
   自分もうるさかったかも(汗)

●参道や境内に寝そべって撮影する
  カメラマンさん、きっとローアングルが撮りたかったんだろうな。
●参道に照明機材をたてて他の参拝者の通行の邪魔になる。
  何度か見たことあります。
●拝殿前やお賽銭箱の前を占拠して渋滞が出来る
  撮影を依頼したママさんとか後ろの人の視線が気にならなかったのかなあ?
●繁忙期にカメラマンが大勢来ると写真撮影でさらに境内が混雑するから
  小さい神社さんではこれが問題みたい。
●SNSであたかもその神社で撮影できるような書き込みをしている
  このあたりは「ウチの名前で商売するな」と言われる由縁かも。
●境内で金銭のやりとりをする

神社さんの気持ちもとてもよくわかります。
誰だって自分の庭で勝手なことされたら、イライラするでしょうし。


神社って誰のもの
愛知県に育っていると、
神社って公園と似たような公共のモノに近い感覚があります。でもそれは実は地域性によって違うみたい。

京都奈良の方に同様な話したら、感じ方がまったく違っていて
神社は神社さんのモノで、私たちはそこに畏れ多くお参りに行っているのだというモノでした。
なるほど、地域によって感じ方に差があることに初めて気付いて、ちょっと目からウロコ。
有名な神社さんほど、その様なことになるのだろうなと思いました。

自分の感覚では、
地元の神社って地域のみんなで支えているのだから、誰のモノって言う感覚もあまりなく公共に近いのかと思っていました。
(そういう神社さんも多く存在します。地元あっての神社ですと)

ちょうど、会社って誰モノという話に似ています。
会社って社長さんのモノ? それを維持している社員のモノ?

どちらにしろ、公共のモノだったとしても何やっても良いわけではないし
人様の…ちがう、神様の庭先に伺うのですから
神社や他の方に不快を与えない最低限のマナーは守ったうえで撮影したいと思っています。













更新を通知する


/div>

# by misawa_now | 2019-12-03 00:43 | Comments(0)
2019/11/16 七五三 三歳男児の心理
2019/11/16 七五三 三歳男児の心理_a0120304_09294225.jpg

<2019 名古屋>




ウミガメになりたい









更新を通知する




# by misawa_now | 2019-11-29 09:30 | 旅する写真屋 家族写真 | Comments(0)