さらばα99マーク2 【α99M2レビュー】
a0120304_11593848.jpg


さらばα99マーク2
喜び勇んでα99マーク2を手に入れたのは、2017年の9月でした。
αのAマウントシリーズで久々に登場した新型機。
旧型よりもAFの反応もよく、ダイヤル類やシャッターボタンの感触も小気味よく
家で触っているまではとてもウキウキしていました。

いざ実践で使ってみると、
電子ビューファインダーの見え方のひどさに閉口しました。
室内だとあまり気づかなかったけど、外に出るとよくわかります。
はっきり言って、ファインダーは旧型の方がキレイです。

なので、カメラ側の設定を変えてファインダーの見え方が改善されないかやってみました。
すべて、無駄に終わりました。
自分でチャートを作って検証してみると、その見え方のひどさが感覚でなく実証できました。→以前の記事を参照
プロサポートに改善するカスタマイズを相談しましたが、返答に三ヶ月かかり、このカメラを使うことを諦めました。
売りに出して、代わりにレンズを三本手に入れました。

AマウントかEマウントか
SONYはAマウントは作り続けるといっていますが、
どう見てもEマウントに力を入れています。
私も、新型はすべてEマウントばかりなので、少なからず魅力を感じますが、まだ踏み切れていません。
それはEマウントαがまだ進化途中でこの先も大変更がありそうな気がするからです。
実際、α9の時にバッテリーが変更されたり、
明るいレンズが増え始めたら、カメラに対してレンズが大きすぎる・・・というかカメラが小さすぎる気がして、
レンズとボディーのバランスに?があるからです。
きっとこの先、ボディーに大変更があるのではないかと感じています。(あくまで推測です)

Aマウントを使い続ける理由
ミルノタ時代からのレンズ資産と、縦位置でライブビューができることと
一応聞かれたらそんな答えをしていますが、そんな理由はおまけで
Aマウントαのカメラを使っている理由は、ツァイスのレンズが使えることに他なりません。

写真はレンズで決まる! 
とは、かつてのヤシカコンタックスのうたい文句でした。
自分も30年以上前に初めてコンタのカールツァイスレンズをのぞたときの感動を忘れません。

デジタルカメラが主流になって、いつの間にか写真はカメラで決まると感じている人が多いような気がします。
たしかにデジカメは日進月歩で進歩していて、あきらかに新しいカメラの方が優位です。

それでも、やっぱり写真はレンズで決まると信じたい自分がいます。
だから、ツァイスのレンズが使えるソニーのAマウントαを使っています。

ツァイスのレンズといっても、ヤシカコンタックスもソニーも国産化しています。
数値的なものをみると、昔ほど飛び抜けているものでもなくなっていますが
ツァイスのレンズということが自分にとっては最後の安心感だったり信頼感だったりしています。

残念ながら、今回のα99m2はレンズと自分の信頼に応えることができないファインダーでした。
ファインダー覗いて感動できない。
だから次の機種に期待します。
次のAマウントの新型はいつ出るのだろう?
あと二年くらいかかるかな。
早く改良してほしいなあ。













自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2018-01-14 13:20 | Aマウントでいこう | Comments(0)
ミノルタ ハイスピードAFアポ 200mm 2.8
a0120304_11485876.jpg
<2018 名古屋>



考えたら
自分の撮影であまり望遠系は使わない。
だから、ずっとSONYからの貸出レンズで間に合わせてきた。
70-200借りても、ほとんど200側で撮ることが多いので
もっと小型軽量の200単レンズを手に入れた。

ミノルタ ハイスピードAFアポ 200mm 2.8

80年代のミノルタレンズ。
重量790グラム、70-200が1.4キロ超からすると半分程度です。
当時使ったときは、とても高性能の印象だったけど
今となってみるとアポと名乗るほど高性能じゃないです。
最後の最後でカリッとこない。
でも、大事なことってそんなことじゃなくて
撮っていてわくわくする楽しいレンズなんです。

a0120304_11485710.jpg
a0120304_11485713.jpg
a0120304_11485778.jpg
a0120304_11485791.jpg















自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2018-01-14 11:53 | Aマウントでいこう | Comments(0)
2017/9/16 毎年の家族写真
a0120304_12383782.jpg
<2017 愛知県日進市>


ひろちゃん二歳


誰かに似てるなあと思ったら
うちの撮影を手伝ってくれている
なっちゃんによく似ていました。

大きくなったら
こんな感じになるのかな?

a0120304_12383779.jpg


なっちゃん 27歳











自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2018-01-13 12:45 | 旅する写真屋 家族写真 | Comments(1)
2018/1/4 今日の訪問者
a0120304_11365341.jpg
<2018 名古屋>


アンパンマンだね












自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2018-01-11 11:38 | Comments(0)
2018/1/2 今年最初の撮影
a0120304_07534031.jpg
<2018 名古屋>


母 97歳

母はどうしてかわいいんだろう?












自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2018-01-06 07:56 | 旅する写真屋 家族写真 | Comments(1)
2018/1/1 あけましておめでとうございます
a0120304_11080898.jpg
<2017 名古屋 三澤武彦写真事務所>


あけましておめでとうございます

恒例の元旦家族写真も21年目になりました。
もう21年とも思えるし まだ21年という気もします。




新年雑感

2008年からはじめたこのブログも、早10年が経とうとしています。
はじめは、子供たちの様子を綴るブログでした。
そうしたら、こんな家族写真を撮ってほしいと依頼されるようになり
いつのまにかHPよりもブログのアクセスが多くなりました。
発信することも面白さを感じた時期でした。
それから、FBが流行りだして
インスタが主流になって・・・
同業の人たちは、集客のためにいろいろなSNSをやったり
新しいこれから流行りそうなSNSを探してたりしています。
なんか、そういうことにも疲れてきました。
自分もいつの間にかブログの更新が疎らになってきました。

SNSの中で、ブログの時代は終わった感がありますが
アーカイブ記録としての機能は、ブログが一番優秀だとも感じています。

流行のものよりも、自分の中の心棒を作るつもりで
もう一度ブログからスタートして見たいと思いました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

                           三澤武彦



















自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2018-01-05 11:38 | 三澤家は今・・・ | Comments(1)
2017/9/13 お宮参りの写真
a0120304_09000018.jpg
<2017 愛知県碧南>


生きることは素晴らしくて
喜びと希望に満ちています。

おめでとう。











自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2017-12-09 09:02 | 旅する写真屋 家族写真 | Comments(0)
2017/11/19 はじめの一枚
a0120304_18152376.jpg
<2017 名古屋>


楽しいお姉さん












自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2017-11-24 18:17 | 今日の訪問者 | Comments(0)
熱田神宮さん ありがとう

a0120304_20434431.jpg

<2017 熱田神宮>

熱田神宮での撮影をやめることにしました。
この秋から熱田神宮さんでの撮影をやめることにしました。
名古屋地域では大きい有名な神社です。
これまで、原則撮影禁止というグレーゾーンで、皆さんに迷惑にならない範囲で撮影していたのですが、
 昨今の出張写真の流行でカメラマンが目立ちすぎてしまったことへの責任と
 神社って誰のもの? 専属写真屋さんとの利権の問題とか出てきて
 自分は何を撮っているのか? 
 自分は何を目指したいか? 
などなど頭の中にいろんなものが駆け巡って…スッキリしたくてやめることにしました。

何を撮っているのか? 何で撮っているのか?
それから、すでに予約いただいているお客さんに連絡しました。
熱田神宮で撮影を希望されていた10組のうち二組の方がキャンセルになりました。
一組は熱田神宮さんで結婚式された方で、もう一組は初宮参りが熱田神宮だった方です。
どちらも熱田さんに縁のある方だったので、それはそれでよいと思っています。
(いままで熱田神宮さんで撮影できますとうたったことは一度もありません。あくまで家族の記録写真の一連で熱田神宮に伺っただけです。)
あとの方は撮影可能な別の神社さんに変更していただきました。
たぶん、撮ってほしい写真が違うのだと感じています。
熱田神宮で撮ってほしい人、家族の歴史を撮ってほしい人。

神恩感謝
17年前、最初に熱田神宮さんでお宮まりの撮影したあかちゃんは高校3年生になりました。

多い年は年間五十回ぐらい熱田神宮に行っていたので、写真屋さんの何人かはお知り合いになりました。
熱田神宮さんには、これまで撮影を黙認してくれて、感謝しかありません。
ありがとうございました。
そういうわけで、みんなで熱田神宮さんに今までのお礼を込めてお参りに行ってきました。

a0120304_20441492.jpg

今回は、撮影者としてではなくご祈祷していただく側として行ってきました。
ご祈祷受付でどんなご祈祷がいいのだろうと悩みました。
家内安全でもないし、商売繁盛でもないし、ましてや初宮参りでもない・・・
そしたらヨメさんが、神恩感謝というご祈祷申込書を見つけてきてくれました。
これしかありません!

ご祈祷される側になるとまた別の気持ちでした。
慣れ親しんだ境内も別の感覚で見えてきます。

熱田神宮さん、ありがとう。










自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2017-11-07 20:50 | Comments(0)
SONYの電子ビューファインダーの比較検証
SONYの批判のように聞こえるかもしれませんが、EVFを改善して欲しいので、あえて「もの申す」と書いています。
電子ビューファインダーの先見性はとても評価しています。
真意が伝わるといいのですが。
------------------------------------
a0120304_00433972.png


EVFギラギラ感 SONY α99M2と先代α99VのEVF比較検証
 
新しいα99M2を購入以来、そのEVFのギラギラ感に納得がいかないので、先代と比較検証してみることにしました。

上記のような簡単な検証チャートを自作し、A4サイズにプリントして同じ50/1.4のレンズを使い、同じ距離から覗いてみました。

今、みなさんがご覧になっているディスプレイ上でも、上の図の線の中にモヤモヤした模様が見えると思います。
それがモアレです。
予想としてキメ細かいEVFで見た場合ほど、右寄りの部分にモアレが発生すると思われます。
実際の撮影では、モアレが発生するピッチからファインダーで何が写っているか判別できなくなると予想されます。
(画面のチャートを覗いても意味がありません。下にダウンロードできるチャートデータを用意しました)


検証結果 α99M2と先代α99Vで明らかな差が出ました。
a0120304_11443651.jpg
先代α99Vのファインダーは全体的に暗くコントラストが低いです。
倍率も低く、周辺に歪みが発生します。
先代で覗くと肉眼では「8」と「9」の間でモアレが発生しました。「6」周辺にもモアレが発生します。
それも、コントラストが低いせいなのかあまり気にならなく、逆に暗さが気になります。


a0120304_11443762.jpg
新型α99M2のファインダーは、明るさコントラストも改善され、倍率もあがり周辺の歪みも少なくなりました。
そのまま覗くと、旧型よりもキレイです。

しかし新型はシャッター半押しした時と、しない時とでファインダー内の見え方が変わります。
(おそらくカメラ側のスタンバイなのでしょう 先代α99Vはこの現象はありません)
シャッター半押ししないときは普通の縞模様のモアレなのですが、
しかし、シャッター半押しするととたんに様相が一変します。

a0120304_11443793.jpg
何より問題なのは、発生するモアレが赤系と青系の偽色をおびた派手な縞模様になることです。これはひどい。

これがおそらくギラギラ感の犯人でしょう。

ためしにクリエイティブスタイルのコントラストやシャープをいじってみましたが、モアレの発生位置などには変化が出ませんでした。
これではとても、木漏れ日の中のポートレート撮影など無理なわけです。

ちなみに手持ちのRX10m3でも試してみました。
「7」と「8」の間のみにモアレが発生しますが、偽色は発生しません。
使っていてもギラギラした違和感はないです。


原因の予想
でも、ネットの記事だけ見るとα99M2のEVFを絶賛する方もいるので、これは私のα99M2だけの個体差なのかもしれません。
それとも搭載している有機ELの問題でしょうか? 
設計上のファインダーの光学系の問題かしら?
撮影スタンバイのシーケンスの問題?
ローパスレスが影響あるのでしょうか?

印象としてはEVFの画素ピッチとファインダーの倍率が共鳴?干渉?している感じなのです。


α9のEVF

先日、友人のα9という最新機を覗かせてもらいました。
友人には申し訳ないですが覗いた結果は残念なモノでした。
同時にメーカーに対して失望のようなものも感じてしまいました。

α9は、自分のα99M2ほどではないにしろ、あきらかに本来あるはずのない偽色がファインダー上で発生します。
画素数が多くなった分だけ偽色もキメ細かいですが。
較べてみると意外にもα9よりもRX10m3のほうが偽色も発生せず、ファインダーは素直でした。

偽色が発生すると何故ダメなのか。
自作のチャート使って実験すると、偽色が発生するEVFのほうがギラギラして見えます。
具体的には、全身ポートレートを撮ろうとした場合、顔が偽色で潰れて表情の判断、ときに顔の判別ができなくなります。
人物撮影が多い自分では致命的なのです。


ファインダーの見え方が気になる人 気にならない人
α9オーナーに、ついでに私のα99Vを覗いてもらうのですが、ファインダーの見え方の違いを気にする人はほとんどいませんでした。
逆になぜそこまで見え方にこだわるのかと言われたりします。
でも、逆光だと何が写っているか解らないと言っていたので、本当は感じているみたいです。

どうもEVFは所詮この程度のモノと考えている人たちが多いみたいです。
実際はEVFの未熟な部分を、脳内で正しく見ているように変換して行くのでしょう。
しかし脳内変換にも限界があるでしょう、私はすでに限界を超えてそこまで変換できませんでした。

見え方を気にする人は光学ファインダーに残り、電子ビューファインダーを使う人は割り切って使う。
しかし私はもうすこし電子ビューファインダーは見やすく良くなると期待しています。
気付いた不便な部分を言わないと、いつまでたっても改善されないと感じたので今回書かせてもらっています。


ネット上のレビュー
α99M2の見えにくさから、同じような事を感じている人がいないかネット上で探してみました。
ソニーのαに関する記事を見るとどれも、電子ビューファインダーに関してはべた褒めのレビューが多いです。
トップクラスのEVFとか、素晴らしいファインダーとか、見えやすいとか。
書いてあっても最大2行ほどの感想です。
ネットのレビュー記事だけでは何も判断できません。
ときたま◎◎の掲示板で 光学ファインダーVS電子ビューファインダーをやっていたりしますが、泥仕合が多くこれも判断に役立ちません。

もともとEVFを評価する基準がないことに気付きました。
レンズなら解像度やMTF曲線とかあるのですが、EVFの評価にはそういうものがないのです。
なので今回、チャートを自作して比較検証してみました。

もしかしたら背面モニターの検証にも使えるかもしれません。


EVFに疑問を感じている方へ
検証チャートの無料配布はじめました。

A4サイズにプリントして、EVFのカメラでピントを合わせて、EVFの見え方を確認してください。
ファインダー内でA4サイズが目一杯になるようにしてのぞいて下さい。
撮影距離でモアレの位置が変わってきますので、A4目一杯は守って下さい
EVFのチェックなので撮影する必要はないです。
いろいろ実験した結果、50ミリよりも24-70/2.8のように、画面全体が均一な画質のレンズの方がわかりやすいみたいです。

どの位置でモアレが発生するか、偽色が発生するかチェックすることが出来ます。
きめの細かいEVFほど、右の方でモアレが発生します。
そこが実際の撮影では何が写っているか判別できなくなるピッチだと考えられます。
偽色が発生するとギラギラ感が強まる傾向にあるようです。
よろしければ、結果報告も下さいね。


a0120304_00433972.png


これまでの結果(チャートのプリントや撮影方法を厳格にしてないので、目安程度に考えてください)

α99V  8-9 6でモアレ
α99M2 7-8 3-4でモアレ 偽色あり
α9    6-7 8-9でモアレ 偽色あり
α7S2  7-8でモアレ
RX10M3 7-8でモアレ


ファインダーの中で感動するから写真を撮る、シャッターボタンを押せる
自分はそういう考えのカメラマンです。
ファインダーの中で映画を見てワクワクしながらシャッターを押すタイプです。
でも、正直なところ、
現行のソニーのEVFではファインダー内で感動することができません。

ファインダーをあきらめてライブビューで撮れば?という意見もあります。
周りの状況が見えるので、自分もライブビュー撮影は5割以上、利用しているのですが、
でもやはり大事な一番ではファインダーを覗きたいのです。
ファインダーを覗く行為は、思考から外界を遮断するので映像に入り込めるのです。
映像そのものに気持ちが入って行くことができるのです。

ソニーの電子ビューファインダー
旧型のα99Vが自分にとって今のところ一番まともですが、それでも晴天屋外ではファインダー内が暗すぎて何が写っているか判断しにくいEVFです。
全身ポートレートだと微妙な表情の変化がわかりません。

α99M2で、シャッター半押し状態だと、全身ポートレートで表情どころか誰を撮っているのかわからなくなります。

新型のα9のEVFには期待したのですが、残念ながらファインダー内で感動できるモノではありませんでした。

自分にとって気持ちの良い見えやすさで言うと 光学ファインダー>旧型α99>α9>α99M2という感じです。

この発言で不愉快を感じる人がいたらすみません。
ただ、もっともっと良くできるはずです。そう感じています。
EVFがより使いやすくなるように、ソニーさんが改良してくれることを切に望んでいます。
単純にαファンです。

追記
先日、α77m2を触る機会があった。正直、こちらの方がファインダーがキレイ。
チャート検証までしてないですが、いままでみたソニーEVFの中で一番良い気がします。
どうも、α99M2 α9は高速連写を優先したため、シャッター半押し時のスタンバイ時に偽色が発生するようです。
そうなると、撮影制御の問題のような気がしてきました。





# by misawa_now | 2017-09-27 09:50 | Aマウントでいこう | Comments(0)
EVFギラギラ感 SONY α99M2と先代α99VのEVF比較検証 


追加検証を含めて、こちらにまとめました。








# by misawa_now | 2017-09-23 00:45 | Aマウントでいこう | Comments(0)
2017/9/8 ご夫婦の写真
a0120304_00105580.jpg
<2017 愛知県刈谷>


なかよし

夏の想い出撮影会












自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2017-09-11 00:12 | Comments(1)
2017/7/24 結婚式の前撮り
a0120304_00053947.jpg
<2017 名古屋>


地元では恐竜公園と呼ばれています。












自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2017-09-11 00:07 | Comments(0)