2017/7/19 はじめのいちまい
a0120304_18302442.jpg
<2017 愛知県>


長良川鉄道に乗ってみたいな









自宅家族前撮り自宅結婚式






# by misawa_now | 2017-08-03 18:31 | 自分たちで作る結婚式 | Comments(0)
日本人が持っているイメージ
<武田鉄矢 今朝の三枚おろしより>
武田鉄矢が気になる本を紹介するラジオ番組です。
今回の話が面白かったので覚え書きとして。





国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。
川端康成 雪国 1937

多くの人がこの文章からこんな映像を思い浮かべると思います。わたしもそうです。
映画の影響かしら?

a0120304_13410154.jpg



この文章を英訳するとこうなる。

The train came out of the long tunnel into the snow country.

外国の人にこの文章から想像する絵を描いてもらうとこういう絵になってしまうらしいです。


a0120304_13434681.jpg

日本語って主語がなくても成り立つから日本人はこの文章を自分が主役のつもりでイメージするみたい。

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。
The train came out of the long tunnel into the snow country.

英語だと主語が必要だから、原文にはないトレインという語が主語として登場することになります。

日本語というのはとても曖昧な言語で、聞き手や読み手に判断を委ねることが多いのです。
結果、イメージするものが聞く人の人生経験値によって変わってしまう。
面白いね、言語で相手に伝わるイメージが変わる。

→これが紹介していた本ね。


そして自分の場合は、写真も言語だと感じています。
私の写真はとても日本語的なのだと思います。
日本<海外 という考えを持っている方もいますが
自分にとっては日本的であることが、とても誇りです。


a0120304_15514537.jpg
<2016 名古屋市>








自宅家族前撮り自宅結婚式






# by misawa_now | 2017-08-03 13:56 | Comments(0)
SONY RX10マーク3のこと 【解像感のこと】
最近 ソニーのRX10m3というカメラをサブ機的に持っていきます。
35ミリ相当 24-600という高倍率ズーム。
何より軽さと機動力の良さでついついいつも持ち歩いてしまいます。

1インチのフォーマットのカメラなので、
APS-Cより小さいし、フォーサーズより小さいし、
多くの人が二の足を踏むのがその解像感だと思います。
どのくらい描写してくれるのだろう?

a0120304_02464807.png
SONY RX10m3 最大倍率 600ミリ相当開放 画面全体 後処理無し

600ミリ側にすると、お月さんがここまで撮れます。
まだ明るい時間帯だったので手持ちで撮っています。

このカメラのレンズ、いろいろ試した見たけど開放の時が一番シャープな印象を受けます。
コントラストAFの特性なのか、絞るとAFのピンが甘い印象なのです。
なので、いつも開放で撮ることが多いです。

a0120304_02465784.png
SONY RX10m3 最大倍率 600ミリ相当開放 等倍拡大 後処理無し

こちらが等倍表示させたもの。
欲を言えばキリがありませんが、これが撮影合間に気楽に撮れてしまうことが
このカメラのすごいところだと感じています。










# by misawa_now | 2017-07-31 03:01 | Comments(0)
プロポーズカメラマン サプライズカメラマン
a0120304_19465619.jpg

<2017 愛知県>



先日、若いプランナーさんたちの前で、結婚産業について話す機会がありました。
私の話の内容が届いたかどうかは解かりませんが、
最近いつも自分が話すときに平松くんがいてくれて、気付いたことをメモしてくれています。

結婚産業 サービスの向上を目指して本質も見失ったもの。

自分の話が元なのですが、なるほどと思いました。
どうして結婚式するのか?その動機に当事者が気付くことが大事ですという話でした。

終わってからの懇親会の話の中で
実は結婚式よりプロポーズの方が緊張するという話がでました。
納得します。
それを撮るカメラマンは、さしずめ「プロポーズカメラマン」とでも名乗るのでしょう。
(ググってみても、プロポーズの演出をすることろはあってもプロポーズカメラマンってないみたい)
でも、必ずOKになるわけでもないから難しいという話で盛り上がりました。
ウチに訪れるお客さんのうち、プロポーズをしている方は半分くらいです。
プロポーズする前になんか決まってしまっていたという人も案外多いのです。

考えると、自分の場合は
プロポーズよりもヨメさんの家に挨拶に行く時が一番緊張しました。
そのリアルタイムを誰か撮ってくれていたら、自分で見たくない写真だけど(笑)
さしずめ「サプライズカメラマン」とかになるのかなあ。

プロポーズカメラマン」「サプライズカメラマン
何も演出とかしないけど面白そうなので、興味があったら私に撮らせてください。
たぶん、結婚式より一生の想い出になる。
















自宅家族前撮り自宅結婚式






# by misawa_now | 2017-07-27 20:05 | Comments(0)
シャッター連動音声再生装置 モンゴリアンフォトグラファーサウンドエフェクト
a0120304_16262957.png

みんな喜ぶ!大音量シャッター音!!

2017/7 新潟実演


販売開始しました。販売サイトへ

開発秘話

 ミラーレスカメラが増えて、この頃のカメラはシャッター音がだんだん小さくなってきました。
 だけど、撮られている方もいつ撮られたかわからなくて、撮ってる自分もなかなか盛り上がりません。
 人物撮影が多い自分は、「もう撮ったんですか?」とキョトンとされることもしばしばあります。
 なんか携帯の無音カメラで隠し撮りしているみたいな感じです。
 そういう気付かれない撮影をすべて否定するわけじゃないけど
 ちゃんと撮りますよと言って、撮られることを意識してもらって写真を撮りたいときもあります。
 シャッター音は自分にとってコミュニケーションツールなのです。

 だから、シャッター音を鳴らす装置をいろいろ捜してみました。
 だけど、どこにもない・・・。
 カメラメーカーにも要望をだしたりしてみたけど、まともに聞いてもらえない。
 これは自分で作るしかないなと思って開発をはじめました。 
 最初の構想から二年ほどかかりました。

モンゴリアン?
 息子が読んでいたハロルド作石氏のBECKというロックバンドの漫画がおもしろくてはまりました。
 途中までしかなかったから、全34巻をまとめ買いして読みふけっておりました。
 おそらく50回は読み返しました。
 その中に、出てくる主役のバンドBECKことモンゴリアンチョップスクワット。
 そこから、モンゴリアンという名前をお借りました。
 
 そんないきさつの安易な名前ですが、この名前をつけてから意味を深く考えるようになって、
 たとえば

 陸上競技はアフリカ系の人種が強いですよね。
 水泳は肌の白い肌のコーカソイド系が強い気がします。
 モンゴロイドは、器械体操とか卓球とかかな?
 人種によって得手不得手があるのなら、
 それはそのまま写真の世界にも当てはまるんじゃないかと思えました。
 白人のまねしている黄色人種モンゴリアンは何か滑稽に思えるので、

 ホントの意味でのモンゴリアンの写真って何だろう・・・とか考え出しました。
 ここに使っているモンゴリアンとは黄色人種のことなのです。



シャッターに連動して、10個の音声ファイルを順番に再生します。
 回路のマイクロSDカードに保存された音声ファイル(mp3ファイル)を、
 シンクロ信号を感知することにより、シャッターボタンに連動して順番に再生させます。
 シンクロ信号をストロボ発光以外に利用することがなかなか難しくて、信号があまりに短いので。
 専用に回路を作っていただきました。


音声ファイルはガレージバンドなどを使って自分で作れます。

 カメラのシャッター音に限らず、マイクロSDカードに入るmp3ファイルであれば何でも再生できます。
 人の音声や楽器や動物の鳴き声。Macユーザーならガレージバンドを使って自分で簡単に録音したり作る
 ことができます。
 すると、シャッター音だけではない、別の楽しみも見つかって・・・w


三澤武彦ハンドメイド キット感覚 納期一ヶ月ぐらい

 発案者の三澤が紙の箱の中に穴をあけ、ハンダ付けして回路を組み込んで自分で手作りしています。
 かなり雑な作りです。仕様もどんどん変わります。
 耐久性はとても低いので、器用な人がこれをベースにいろいろ改造してもらえたらうれしいです。
 アルミの弁当箱やタッパーなど、いろいろなものを利用して作り替えができるのです。
 初回は残りの回路8つのみ作ります。あとは予約が10個たまったら作る感じです。


注文方法

販売開始しました。販売サイトへ







自宅家族前撮り自宅結婚式






# by misawa_now | 2017-06-29 04:47 | Comments(0)
2017/5/5 趣味の古代史 知立(ちりゅう)の語源の推測 【知立神社】
a0120304_15085797.jpg

<2017 愛知県知立市 知立神社>


自分が住んでいる鳴海から見ると
知立というのは東隣の宿場町だ。
ヨメさんの実家も知立なのでなじみも深い。

でも、知立(ちりゅう)ってどういう意味なんだろう?
まったく思い浮かばない。
「池鯉鮒」と書かれた時代もある。
その昔は「智立」と書いていたらしい。

語源についてネットでいろいろ調べてみても
諸説入り乱れ今一釈然としない。
その中で一番しっくりきたのにアイヌ語説というのがあった。
アイヌ語で低い湿地帯を意味する「チリップ」という言葉が語源だという。
知立の名物は「かきつばた」
これも湿地に生える花なので妙に納得してしまった。
きっと、稲作に適した土地だったのだろう。

このことを人に話すと
たいていの人はここにアイヌ人が居たのかと驚く。
たぶん、
アイヌというより縄文人だったのだと思う。
DNA解析が進化して、アイヌ人が縄文人の直系の子孫だということがわかっている。

札幌サッポロがアイヌ語で「乾いた広い土地」
小樽オタルが「砂浜の中の川」
それと同じわけだ。

弥生人とともに西からやってきた稲作文化は
東海地方まで来てその先の深い森に阻まれて東進が停滞したと言われている。
この地方はいわば、渡来の弥生人と先住民の縄文人が接する
異文化交流の最前線だったと自分は推測している。

移民と先住民というと、争いがあった印象を受ける。
遺跡を調べると、確かに争った痕跡も多少あるが
多くはうまく共存していたことがわかっている。
弥生の集落に縄文の痕跡がない例はひとつもないらしい。
一緒に暮らしていたのだ。
共存 あるいはこれが日本人の本質かもしれない。

知立神社は東海道の三名社のひとつに数えられた古い神社。
遠い昔
この神社の元になったこの地の王様は
先住民の「チリップ」の土地に稲を植え、一緒に暮らし
移民からも先住民からも慕われ羨まれ人望を集めたのだろう。
だから今、それが目の前に残っている。

そんなことを考えていた。



三澤武彦









自宅家族前撮り自宅結婚式






# by misawa_now | 2017-05-07 15:58 | 趣味の歴史・古代史・考古学 | Comments(0)
2016/12/1 お宮参りと七五三と

a0120304_12472219.jpg

<2017 愛知県>


あれもこれも すべて同じ一日










自宅家族前撮り自宅結婚式






# by misawa_now | 2017-05-02 13:06 | 旅する写真屋 家族写真 | Comments(0)
2016/10/10 七五三の写真
a0120304_12472106.jpg

<2017 愛知県>



昼下がり









自宅家族前撮り自宅結婚式






# by misawa_now | 2017-05-02 13:03 | 旅する写真屋 家族写真 | Comments(0)
2017/4/30 もうひとつの結婚式 
a0120304_12464719.jpg
a0120304_12464713.jpg
<2017 愛知県西尾市 西尾城>



お母さんが本気で喜んでくれる。
だから、うれしい。

みんなが集まってくれる。
だから、うれしい。


もうひとつの結婚式とは
家族や地元の友人との前撮りを通して
花嫁衣装を見るだけでみんな喜んでくれる
結婚にまつわるいろいろな絆を
再確認する行事です。








自宅家族前撮り自宅結婚式






# by misawa_now | 2017-05-02 13:00 | 自分たちで作る結婚式 | Comments(0)
2017/4/28 ある複写の撮影
a0120304_12464568.jpg
<2017 愛知県>


スタッフお夏に手伝ってもらいます。

背伸びするとちょうど180センチくらいになって
このサイズを撮影します。

a0120304_12464619.jpg









自宅家族前撮り自宅結婚式






# by misawa_now | 2017-05-02 12:53 | Comments(0)
2017/4/28 一歳の記念日
a0120304_12464686.jpg
<2017 名古屋市>


ファミリーツリー


a0120304_12464616.jpg

<2017 名古屋市>










自宅家族前撮り自宅結婚式






# by misawa_now | 2017-05-02 12:49 | Comments(0)
2017/5/1 写真のツボ
a0120304_20570307.jpg

<2017 名古屋市>


写真のツボ

所詮、写真は二次元表現だ。
光と画面構成で絵が決まって行く。
良い光を見つけたりあるいは作ったり、
それを切り取って省略したり、ときどき足算したりでできてゆく。
でも、
それだけじゃ語れない部分もある。。

何かイイ・・・という感じ。

共感だったり、あるいはズレだったり。
「間」みたいなものなのかな?

写真をはじめる人に
それを感じ取ってほしいんだけど
それを伝えるのはなかなか難しい。
写真を教えようと思っても、自分の技量じゃまだまだ伝えれない。












自宅家族前撮り自宅結婚式






# by misawa_now | 2017-05-01 21:01 | 三澤家は今・・・ | Comments(0)
2016/12/7 成人式の前撮り
a0120304_09201661.jpg

a0120304_20241622.jpg
a0120304_20241481.jpg


a0120304_20241343.jpg
a0120304_20241653.jpg

a0120304_20241450.jpg


<2016 愛知県豊田市>


きらきら








自宅家族前撮り自宅結婚式






# by misawa_now | 2017-05-01 09:30 | 旅する写真屋 家族写真 | Comments(0)