<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
SONY RX10マーク3のこと 【解像感のこと】
最近 ソニーのRX10m3というカメラをサブ機的に持っていきます。
35ミリ相当 24-600という高倍率ズーム。
何より軽さと機動力の良さでついついいつも持ち歩いてしまいます。

1インチのフォーマットのカメラなので、
APS-Cより小さいし、フォーサーズより小さいし、
多くの人が二の足を踏むのがその解像感だと思います。
どのくらい描写してくれるのだろう?

a0120304_02464807.png
SONY RX10m3 最大倍率 600ミリ相当開放 画面全体 後処理無し

600ミリ側にすると、お月さんがここまで撮れます。
まだ明るい時間帯だったので手持ちで撮っています。

このカメラのレンズ、いろいろ試した見たけど開放の時が一番シャープな印象を受けます。
コントラストAFの特性なのか、絞るとAFのピンが甘い印象なのです。
なので、いつも開放で撮ることが多いです。

a0120304_02465784.png
SONY RX10m3 最大倍率 600ミリ相当開放 等倍拡大 後処理無し

こちらが等倍表示させたもの。
欲を言えばキリがありませんが、これが撮影合間に気楽に撮れてしまうことが
このカメラのすごいところだと感じています。










by misawa_now | 2017-07-31 03:01 | Comments(0)
プロポーズカメラマン サプライズカメラマン
a0120304_19465619.jpg

<2017 愛知県>



先日、若いプランナーさんたちの前で、結婚産業について話す機会がありました。
私の話の内容が届いたかどうかは解かりませんが、
最近いつも自分が話すときに平松くんがいてくれて、気付いたことをメモしてくれています。

結婚産業 サービスの向上を目指して本質も見失ったもの。

自分の話が元なのですが、なるほどと思いました。
どうして結婚式するのか?その動機に当事者が気付くことが大事ですという話でした。

終わってからの懇親会の話の中で
実は結婚式よりプロポーズの方が緊張するという話がでました。
納得します。
それを撮るカメラマンは、さしずめ「プロポーズカメラマン」とでも名乗るのでしょう。
(ググってみても、プロポーズの演出をすることろはあってもプロポーズカメラマンってないみたい)
でも、必ずOKになるわけでもないから難しいという話で盛り上がりました。
ウチに訪れるお客さんのうち、プロポーズをしている方は半分くらいです。
プロポーズする前になんか決まってしまっていたという人も案外多いのです。

考えると、自分の場合は
プロポーズよりもヨメさんの家に挨拶に行く時が一番緊張しました。
そのリアルタイムを誰か撮ってくれていたら、自分で見たくない写真だけど(笑)
さしずめ「サプライズカメラマン」とかになるのかなあ。

プロポーズカメラマン」「サプライズカメラマン
何も演出とかしないけど面白そうなので、興味があったら私に撮らせてください。
たぶん、結婚式より一生の想い出になる。
















自宅家族前撮り自宅結婚式






by misawa_now | 2017-07-27 20:05 | Comments(0)