<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ありがとうございました。
a0120304_824314.jpg


写真展に来てくださって、ホントありがとうございました。
おかげさまで無事終了しました、その後、放心状態で二週間ほどボーッとしてしまった・・・

この様なイベントがあると、自分でも自分の写真を見直す良い機会で、
自分の写真は芸術とは程遠い歌謡曲みたいなもんだなあと痛感する次第です。
それもイイかと思いました。





Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト

被災地の復興を願っています

日本赤十字社・東北関東大震災・義援金
日本赤十字社・東北関東大震災・義援金募集のページへ


by misawa_now | 2012-05-25 16:21 | Comments(4)
5/17 名古屋発前撮りロケーションフォト
a0120304_1132459.jpg

<名古屋の前撮り>


丘を越えて








by misawa_now | 2012-05-17 01:12 | 前撮りロケーションフォト | Comments(0)
私的報道写真
a0120304_033737.jpg

<α900+SAL50F14 50mm F1.4 f11>




私的報道写真


いわゆる報道写真が広く多くの人に伝える写真であるならば、
記念写真というのは、家族の間のごく私的な報道写真といえるのでしょう。

記念写真は何を伝えているのでしょうか?

最初は結婚式の撮影にはじまり、出産、お宮参り、七五三、入学式・・・
たくさんの記念写真を撮りながら、やがてどの家族にも、どの行事にも(たぶん、どの時代でも)
撮られる側に共通する「想い」がある事に気付いてゆきます。

誰もが同じ未来を夢みている。

昨年の震災で、津波に流された写真を捜す映像がテレビから幾度となく流れていました。
そして見つけて喜んだり泣き崩れたり。
たぶん、それは写真の力がすごいのじゃなくて、人の「思い出」の力がすごいのだと思いました。
「思い出」があるから、明日を生きる勇気がわく。
私はそういうものを撮っている。

私は、ずっと記念写真を撮ってきました。

こうして
いろいろな家族のいろいろな記念写真を並べて眺めてみると
かつての報道写真家が写真で世界を変えてみたいと夢みたように
記念写真の中の想いも、とても大切な何かを伝えようとしていると感じるのです。
正しい方向に導いてくれていると感じるのです。




●●●

a0120304_1739959.jpg

三澤武彦写真展
「私的報道写真」
会期:2012年5月11日(金)~24日(木) 10:30–18:00
(最終日は15:00まで)休館:日曜日

エプソンイメージングギャラリー エプサイト
東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル1階

15日終日 16日昼まで 23日昼から 24日15時まで在廊しています。








Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト

被災地の復興を願っています

日本赤十字社・東北関東大震災・義援金
日本赤十字社・東北関東大震災・義援金募集のページへ


by misawa_now | 2012-05-13 00:06 | Comments(10)