カテゴリ:Aマウントでいこう( 2 )
α99mark2 EVF電子ビューファインダーのこと
a0120304_20440590.jpg
<α99mark2のEVFの印象を、視覚的に再現してみた。やたらコントラストが高くてエッジが効きすぎてる感じ>


α99mark2の電子ビューファインダー

先代のα99から電子ビューファーンダーに接しています。
その感覚でα99-2のファインダーを覗くとちょっと戸惑ってしまいます。
先代のEVFは完璧とは程遠いモノの、トーンの再現などはかなりいいせんいっていたのだなと、99-2のEVFを覗いて感じます。
先代は全体的にコントラストが低く、輝度もあまり高くありませんでしたが、(おかげで晴天屋外では何が写っているかわからなくて(汗)
新しい99-2は全体的に明るくなって、その分コントラストも上がっていて、いや上がりすぎていて、覗いていてあまり気持ちが良くないのです。
私に言わせれば、ギラギラ、ギトギトした脂ぎったような眺めです。

そういえば以前、ソニーからα7sをお借りして使っていたことがあり、その時も同じようなことを感じました。
それが自分をEマウントに転向しなかった理由の一つだったことを思い出しました。

撮るときはファインダーを見て感動しています
写真はファインダーで感動したモノを撮っているので、ファインダーのデキはかなり重要なのです。
α99-2のファインダーは何が写っているか確認は出来るけど感動は出来ないファインダーになっています。
これは、とても残念です。




できる対処として

EVFの良さは、撮影時に色温度やコントラストや彩度の設定がそのまま反映されて確認できることです。露出補正も。
先代のEVFは、露出は±2まで(これが結構不便)
クリエイティブスタイルはコントラストと彩度までは再現されるみたい。DORは再現されません。

99-2のEVFは(α7-2系と共通と思われ)
露出補正は±3まで反応し、クリエイティブスタイルはどうやら、シャープも再現しているようです。

自分の撮影の傾向として、撮って出しの仕上がりを良くするためにコントラスト高め、シャープを上げ気味にする傾向にあります。
先代の設定をそのまま99-2でやってみると、前述したギトギトの画面になってしまうみたいです。
なので、ファインダー覗きながら、クリエイティブスタイルの設定を自分が我慢できるあたりまでコントラストを下げ、シャープも落としてみました。
これで、しばらく使ってみようかな。

(追記)
ソニーに電話しました。
メニューで、表示画質を高画質から標準にすると多少良くなると言うことでやってみました。
結果、少し変わった・・・かもしれないです。


EVFもシャープ値が反映されるんだったら、プロサポートでそのあたり調整してもらえないのかしら。
できたら、メニューにEVFのシャープとコントラストを変えるパラメーターを用意して欲しいです。
クリエイティブスタイルのパラメーターみたいに。

おそらく同じファインダーを使っているα7系の記事では、やたらとEVFの素晴らしさをうたっているモノが多いのですが
正直、EVFに違和感感じる人も多いだろうし、
そのあたりがαに転向できない理由だったりするから、ソニーさんもなんとか対処して欲しいなあと思うわけです。

99-2よりましな先代のEVFですが、光学ファインダーのようにはいきません。
人物撮影の多い自分は、人の微妙な表情の変化を追っているのですが、今のEVFではそこまでわかりません。このあたりも課題です。
なので自分は、ファインダーから目をはなし、肉眼で確認しながら撮ることも多くなりました。


















自宅前撮り自宅結婚式

by misawa_now | 2017-09-10 21:14 | Aマウントでいこう | Comments(0)
Aマウントで行こう SONYα9とα99mark2どっちにするか迷って
a0120304_19074096.jpg
<SONY α99mark2 85mm1.4ZA F2>
99シリーズに備わる縦位置でもローアングル可能な三軸チルトモニターは人物撮影が多い自分にとってとても価値があるのです。


SONYα99mark2 ファーストインプレッション
α経歴
一時期キャノンに浮気したこともあったけど、α900から99へと移行し、フィルム時代のαレンズ資産を活かしながら使ってきました。
誰もあまり話さないけど、α99は問題も多いカメラでした(笑)内緒だけど。
昨今ソニーがあきらかにEマウントに力を入れていて、Aマウントユーザーは砂の城の住人のような感じでしたが、α99mark2が出て少しホッとしました。それでも最後のAマウント機とか噂されています(汗)。

自分もmark2にしようかEマウントか、購入をためらっているうちにα9が登場し、これはいよいよEマウントの時代だと思ったのですが、いろいろ見比べてやっぱりα99mark2にすることにしました。
α9が言うほど良すぎることもないらしいことと、(又聞きです。そう思いたい願望もありますw 乗換え組にはソニーのカメラはかなり使いにくいと思われます 次の9mark2くらいが狙い目かしら。)自分が持っている過去のレンズ遺産と三軸チルトモニターが決め手です。

今日、届きました。
久しぶりの機材導入だったのでうれしくて、届いてから仕事そっちのけであれこれ設定していました。
何よりα99の正統な進化系だと言うことがうれしかったです。
α99で手こずっていたことが、いろいろ解消されています。反応がとても小気味よい。
そして、スピード&精度ともに一番の問題だったAFは、イオスと遜色ないあたりまで速くなりました。
それにプラスして顔検出と瞳AFを駆使すれば、あたらしい時代のカメラとして簡単にイオスを凌駕できるレベルだと思いました。

Aマウント 

何となく過去の遺産的に見られがちですが、素養は決して悪くないです。
機械連動のAFカプラーと絞り連動レバーが残るマウントですが、マウントの電気接点に予備もあるらしいので、絞りも電子化が可能だと思うけど、逆にあえて機械連動の直結したダイレクトなタイムラグの少なさとかウリにしたらいいのに。
推測するに、カメラ部門のノウハウが欲しかったソニーが、ミノルタのカメラ部門を吸収しαを作り続けてきましたが、ミノルタの束縛からはなれたカメラを開発したくてEマウントが誕生したのだろうなと理解しています。

問題はソニーが、AマウントとEマウントにちゃんと役割分担をさせなかったことだと感じています。
同じメーカーから、どちらも使いたくなる迷うようなカメラが出ていることが問題かなと思います。

今をときめくα9はまだ実写したことがないので、今日届いたばかりの99-2と簡単に較べることは難しいですが、せめてメーカー側からそれぞれの得手不得手ぐらい表示してほしいものだと感じています。

オリンパスほどじゃないですが、かつてのミノルタにも確実なファンがいました。
フィルム時代のX-1の先見性(実用性はイマイチだったけど)、CLEXDの触る機械としての喜び、X700のシンプルな使いやすさ、それぞれファンがいたのだけど、ミノルタもソニーもそのあたりのファン層をあまり大事にしてこなかった気がしています。
Eマウントはおそらく時代が注目する輝かしい家電カメラになるでしょう。だけど、AマウントはEマウントのマネしてもダメだと思います。みんな古いマウントだと思っているから同じウリが通用しません。

できれば、本当のαファンが生まれるような思い切りこだわった、尚かつ所有してうれしいカメラをAマウントで作ってほしいなあと思うわけです。
シャッタータームラグとかシャッターボタンストロークとか極限まで煮詰めましたとか。スイッチやリング、握ったときの触感にこだわったとか。
二つもマウント持っているのだから、それくらいの事してほしいなあ。


a0120304_19213794.jpg
上の写真の 1:1等倍表示  画面サイズM 
JPEGをライトルームで明るくしたのでちょっと荒れています。
猫には瞳AFは反応しませんでした。











自宅前撮り自宅結婚式

by misawa_now | 2017-09-04 19:24 | Aマウントでいこう | Comments(0)