カテゴリ:ユーラシア ランドナー( 20 )
青春きっぷ
a0120304_2285975.jpg

<2014 愛知県野間海岸>
<SONY α99 + MINOLTA AF 24/2.8 f11 ISO200>












Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.
ピックアップブロガーのインタビュー
名古屋和装前撮りロケーションフォト


misawa-world.com
by misawa_now | 2014-08-02 02:30 | ユーラシア ランドナー | Comments(0)
7/28 輪行る
a0120304_1291584.jpg

<2014 愛知県南知多町>
<SONY α99 + MINOLTA AF24/2.8 f4 ISO2000>



ウチのユーラシアランドナーにはセンタースタンドがついています。
以前は少しでも軽量化したかったので付けてありませんでしたが
あると結構便利です。
ユーラシアの輪行分解はフロントフォーク脱着式。
フロントフォークを抜いても自転車が自立してくれるので作業がかなり楽です。

ハンドルはずして
フロントフォークを抜いて
リヤのドロヨケはずして
リヤホイールをはずしたら
フレームを逆さまにします。
シートポストは面倒だから縮めません。
ペダルもはずしません、スポークの隙間に押し込みます。


a0120304_1291582.jpg


とはいうものの、久しぶりの輪行でテンヤワンヤ。
電車の時間は迫るし、なんかもうぐちゃぐちゃ。
これでまたフレームにキズが増えるんだろうなあ。



a0120304_1454694.jpg


フォーク脱着式はとてもコンパクトなサイズにおさまります。
それでも14キロ弱あるんですが(汗)








Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.
ピックアップブロガーのインタビュー
名古屋和装前撮りロケーションフォト


misawa-world.com
by misawa_now | 2014-07-30 01:41 | ユーラシア ランドナー | Comments(2)
ランドナー ポジション考 2
a0120304_1583861.jpg

<2014 愛知県名古屋市>
<SONY α99 + MINOLTA AF 100/2.8 マクロ f開放 ISO200>


ランドナーボジション考のつづきです。


ステム交換によってハンドルが高く近くなったウチのユーラシア。
その後、いろいろ乗ってみながら微調整を加えています。

そもそも自転車の乗車ボジションってどうなっているんでしょう?
ネットで調べるといろいろ書いてあるのですが、
実体験から考えてみたいと思います。

【最初に前傾姿勢を決めました。前傾姿勢ってなんだろう?】
ロードなら空気抵抗を減らすとかあるのでしょうが
ランドナーはそこまでアスリート系じゃないと思っています。
自分が実体験で感じているのは、ハンドルを握る高さによって
ペダルの回転ピッチが変わるということです。
(あくまで個人的な体感なので、みなさんにあてはまるわけではないです)
ハンドルの上を握るとゆっくり、下を握るとペダルの回転数が上がります。
それは、前傾が大きいほどペダルに力を入れやすいからなのかな?
上を握っているときでも腕を曲げて前傾するとやはりピッチが変わる気がするから
股関節の角度なのかも。



<上/ステム交換直後  下/現在のポジション>
交換直後の状態から比較すると
ステムが20mm下がり
サドルが20mm上がり
ハンドル高とサドル高がほぼ一緒になりました。

楽な前傾姿勢は最初の状態なのですが、
バーの上を握って走ってみたら自分の快適ピッチにならなかったのです。
前傾がゆるければ楽になると思っていたけど、自分の回転リズムってあるみたいです。

a0120304_1584217.jpg





【次にハンドルの遠さを決めました。ステムの突きだし量を考える】
ステムの突きだし量はサドルとハンドルの距離を変化させます。
それはどんなことに影響するのでしょう?
家にもう一台プロムナードがあって,それをあれこれ調整しながら乗って感じたことは
前傾姿勢では体重はサドルとハンドルに分散される。
ハンドルが遠いと体重を支えるための腕が疲れる。
脇があくせいか力が入れにくい。
よって、ハンドルは脇が締まる肩の真下ぐらいにあった方が楽ということでした。
ただ実際そうしたら弊害も出てきます。
それは立ちこぎの時です。
坂道になると時に立ちこぎになるときもありますが
ハンドルが近すぎると実際立つこと不可能でした。
足がハンドルに当たって・・・
なのでハンドルの遠さは立ちこぎの時に握って上半身を支えやすい場所で決まるのだと思いました。
たとえば45度の坂をダンシングで登れる人がいたとすると
45度の坂でペダル上では垂直〜前傾姿勢で立っているわけだから、
思いっきりハンドルが遠くにないと
立ち上がれないわけです。

ステム突きだし50mmだと、バーの上コーナーを持ってこぐには少し窮屈で
グリップを握るとちょうど良いくらいです。

そんなことを走りながら考え
ウチのユーラシアランドナーのボジションは決まってゆきました。
フレームサイズ 520mm ステム突きだし50mm
身長 174cm 91キロ 胴長短足日本人体型の
自分としてはかなりベストポジションです。

スタイルだけ考えれば、もっとステムの突きだし量があって、サドルも高い方が
雑誌に載っているようなかっこいいランドナーみたいになるんですが
手足が長い人はそれで快適なんですが
自分はとても長時間乗れません。










Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.
ピックアップブロガーのインタビュー
名古屋和装前撮りロケーションフォト


misawa-world.com
by misawa_now | 2014-07-28 02:39 | ユーラシア ランドナー | Comments(0)
ユーラシア・ランドナー 【サドル考】
a0120304_06397.jpg

<SONY α99 + SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM 300mm  f開放 ISO200 X.FINE>




30年以上前からサドルで悩んでいた。
最初に付いていたのはフジタのシームレスで、
その後、フジタのモデル不明の革サドル、イデアルのなめし革のサドルへと替えていったけど
どのサドルも一時間も乗ればおしりが痛くてしょうがなかった。

月日がたってイデアルにヒビが発生してきたので、サドルを交換することにした。
ランドナーらしさを考えてブルックスももちろん候補に挙がったけど、
革のメンテナンスと雨の日のことを考えると、革サドルはおっくうになる。
尚かつ最初から高価なモノは自分のおしりに合わなかったときにイタイなあという考えもあった。
ネットで< VELOサドル LGS CLASSIC SADDLE>を半分試し気分で購入してみた。
1890円でとてもオトクで、ダメだったら次を考えようと思っていた。
スプリング有りと無しがあって、サスペンション効果がありそうなスプリング付きを選んでみた。

その乗り心地は・・・
今までの苦労が嘘みたいに、全然おしりが痛くならないの。数時間乗ってもまったく気にならない。
スゴイね。
自分はサドルにどっかり座ってしまうタイプなので、かなりスプリングの効果が大きいのだと思う。
路面の凸凹を越えるときに、おしりにはあまり衝撃が伝わっていないことがあきらかにわかります。

写真ではわからないけど、表面には鋲をあしらったアクセントがあってちょっとクラシカルな感じ。
シートピラーはいまだにシートポスト+ヤグラ金具を使っています。
一度調整したらめったにいじるところじゃないし、以外と軽いんです。









Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.
メッセージ
名古屋和装前撮りロケーションフォト


misawa-world.com
by misawa_now | 2013-03-02 00:29 | ユーラシア ランドナー | Comments(0)
今日のユーラシア・ランドナー
a0120304_2019465.jpg



【カンティブレーキの交換】

古いランドナーは趣はあるんだけど、古いカンティレバー・ブレーキはホントに止まらない。
ボクのユーラシアも純正はダイアコンペのカンティだったのだけど、まったく効かないブレーキだった。

夏に、雨の峠の下り坂を15キロぐらいずっと握りっぱなしで下った。
一度スピードがのると止まる自信がなかったから、握りっぱなしだ。
おかげでブレーキシューが見事になくなってしまった。

シューを交換しなければならなかったけど、
わざわざ古いダイアコンペのブレーキシューを捜すよりも
良い機会だからブレーキ本体を交換することにした。

今でも吉貝が復刻版のグランコンペを発売してくれている。
古いタイプよりアームが長くなっているから、効きは良くなっているんだろうけどちょっとお値段も高め。
これは最後の候補にしておこう。
銘柄にはこだわらずに、安く仕上げて何よりブレーキの効きを良くすることが一番。
次に、ランドナーに似合うフォルムのモノを捜してみよう。

カンティブレーキ
単純に考えればテコの原理だからアームが長いものが効きが良くなるだろう。
最近は狭角カンティが多くて、なんとなくランドナーに似合わない気がする。
やっぱりアームが横に張り出している方がランドナーっぽくて気分がよい。
そんな感じでヤフオクをながめていた。そして見つけたのがこれ。
テクトロの2000年頃のモデルらしい、型番までわからないけどシンプルなデザインとアームの長さが気に入った。アームは現行のグランコンペよりも長い。
落札は2000円以下でお徳だった。

取り付けはテコの原理が一番効率よく働くように、チドリの位置を出来るだけ低くしてみた。
レバーを握ってブレーキが一番効くときに、アーチワイヤーが90度になるように。
アーチワイヤーの角度に関してはネットに諸説いろいろ出ているけど、
自分は「握って90度」。これが一番良いと体感している。

取り付けが終わって、さて実際の効き具合はどうか?
以前使っていたのが35年前のカンティだから較べるものかわいそうだけど、
レバーを握ればガツンと制動力がかかる感じ。ユーラシアでは初めての体験。
カンティは効かないブレーキの代名詞だと思っていたけど、現代のカンティはちゃんと効くんだ。
ちょっとカルチャーショックを受けた。

調整を繰り返してアーチワイヤーが折れちゃったし
余分な部分を切らずにそのままにしてあるけど、それはご愛敬。












Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.

名古屋和装前撮りロケーションフォト


misawa-world.com
by misawa_now | 2013-01-24 20:42 | ユーラシア ランドナー | Comments(0)
1/4 初乗り
a0120304_6523395.jpg


今年はもっと自転車に乗りたいと思って初乗り。
汗はかくけど、手はかじかんでいる。





Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.

名古屋和装前撮りロケーションフォト


misawa-world.com
by misawa_now | 2013-01-04 06:55 | ユーラシア ランドナー | Comments(0)
10/1 川のほとり
a0120304_172837100.jpg


5月の写真展に時間を取られ、
仕事をためてしまったので自転車に乗ることもままなりません。
ひさしぶりに乗ると、紙ヒコーキになった気分でやっぱりいいなあ。





Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.
出張撮影家族写真
公式サイト


名古屋和装前撮りロケーションフォト
三澤武彦写真事務所・和装ロケのページへ


by misawa_now | 2012-10-01 09:13 | ユーラシア ランドナー | Comments(0)
4/5 ランドナー ポジション考
a0120304_11442667.jpg

<BSユーラシアランドナー1977にまだ乗っています。>




フォルムの美しいランドナーって、低いハンドル位置と長目のステムの突き出し・・・
そんな価値観が1970年代からあったと感じています。
でも実際のってみると、ランドナーってその使われ方の割に
けっこう前傾姿勢がきつなあとつねづね思っておりました。

特に脚力が落ちてきた近年は前傾がツライ・・・

なのでステムを交換して、ポジションを変更してみることにしました。
以前付いていたのは、高校時代に変更した突き出し70ミリのニットーのステム。
純正よりも10ミリ伸ばして乗ってました。
ネットで捜してみると昔よりも種類もサイズも豊富なんですねえ。
突き出しを短く50ミリにして、首の部分が長いものに交換しました。
これでハンドルが以前より2センチ手前4センチ上にセットされます。

変更してどうなったか?

バーの上を持てば、かなりママチャリ感覚。グリップを握れば以前よりもワキが閉まるから力が入れやすい。
で、下を握ればそれなりの前傾。ドロップのスリーポジションがちゃんと活かせるようになりました。
ただちょっと、間抜けなフォルムになってしまいましたが。

ポジションって、個人の癖や体型などもあってこれが正解だというモノがないのですが
174センチ93キロ胴長短足の柔道向き体型の自分にとってはかなり理想に近づいたと思います。
サドル位置は、前にすると回転は上げやすいけど力が入れにくい、後ろにすると力は入るけど回転が上がらないことを頭に入れて結構煮詰めてこの位置が一番自分にあっているみたいで決定しました。
バーの方は、基本的に脇を締めた方が力を入れやすいので、突き出しを減らして手前に持ってきたのは正解だと思いました。
ただ、立ちこぎの時にバーの上や両端のカーブを持つと窮屈な感じなので、ブレーキ部分を握って立ちこぎした方がしっくりきます。。
バーの高さはモロに平均スピードに影響するみたいで
高いと気楽なのですが、スピードが出ない感じ。通学中の女子高生にも抜かれる。
5キロ以内ならこれでよいけど、それ以上になるとステムを少しづつ下げる調整をした方がよいかも。
しかし、バーの高いとこんなにも気分が違うモノなんだなあと痛感した次第です。
楽しく走りたいですよね。


a0120304_11493088.jpg

上ポジションで快適なように、セーフティーバーも追加。

以前は、重くなるし格好悪いで否定派でしたが、
付けてみるとすごく便利ね。







Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト

被災地の復興を願っています

日本赤十字社・東北関東大震災・義援金
日本赤十字社・東北関東大震災・義援金募集のページへ


by misawa_now | 2012-07-29 11:50 | ユーラシア ランドナー | Comments(0)
2/8 シマノクレーンGSもどき
a0120304_20360950.jpg
ユーラシアノーマルのギアが体力に合わなくなってしまったので
ワイドレシオ化をはかっています。

ノーマル 前48×34T 後15~24T 5段

当時の思想なのですが、かなりクロスレシオです。
ワイド化すると変速機のキャパシティーが問題になります。
今使っているのは、シマノ・クレーンの後期型。キャパは24Tだったと思います。
計画では

改造後 前48×40×26T 後15~28T 6段


キャパシティーは35Tになります。
なので、シマノ・クレーンGSとかが欲しいのですが、ヤフオクで見てもなかなか出てきません。出てきてもかなり高額。新品とかも見かけるけど2万越えているのでちょっと厳しいです。

そうしたらヤフオクでシマノ・タイトリストGS格安を見つけたので、これをゲージを利用することにしました。うろ覚えな記憶では確か共通部品だったような・・・。
届いたタイトリストをばらして、エンドから久しぶりにディレイラーを外したら、このクレーンを買った時のことを思い出しちゃった。
もともとはサンツアーVがついていました。
でも輪行するために分解すると、ダブルテンションのクレーンの方が自然に変速機が下がってくれるから楽なんです。その後デュラエースの変速機になったりと性能的にはバッチリでしたが当時も高額なパーツでした。確か中三だったなあ、かれこれ35年間使っているんだよね、しみじみ。
使い込んでアルマイト塗装もはげて、多少ガタもあるけど自分のレベルだとこれで十分。
ロングゲージもあっさりついたし、久しぶりに磨いてあげました。


これでキャパが34Tになるはずなのですが、35Tにわずかに足りません。
でも、カタログ数値は2Tぐらい余裕を持っているそうなので何とかなるでしょう。

<追記>
キャパが最大になるのは前48×後28Tと前26×後14Tを使う時だけど、実際26×14Tがアウターリングにチェーンが接触するのでほとんど使わないことがわかりました。このキャパで大丈夫でした。

by misawa_now | 2012-02-08 20:34 | ユーラシア ランドナー | Comments(0)
2/1 プロムナード
a0120304_18561929.jpg

<α900 + Carl Zeiss Planar T* 85/1.4 ZA f開放>


やっとパーツが揃ったので、預かっていた自転車を修理しました。

さっそく試乗
ハンドルのグリップとグリップの間にヒザを入れて乗る独特のスタイル。
おまけに古いから強度も低くて、こぐたびにフレームやハンドルがグニャグニャします。
ニューシネマパラダイスみたいな乗り心地と表現しておきましょう。


<実験撮影・モデルカップルさん募集中>

締め切りました。
どうもありがとうございます、撮影よろしくお願いします。

この自転車を絡めた撮影に協力していただけるカップルさんを募集しています。
ウチのサンプルに使いたいので無料です。撮影は小1時間ほど。
撮影は2月〜3月頃を予定しています。

条件
撮影した写真をサンプルとしてブログやHPで使わせていただける方。
(写真のデキによっては使わない場合もありますのでご了承下さい)
彼の身長が175センチ前後以上で、自転車に乗れる運動神経の持ち主。
(サドルが高めなんです。身長174のぼくで普通ぐらい。とてもクセのある自転車なので乗るのに慣れも必要です)
彼女もこの自転車に乗れる運動神経の持ち主であること。

応募方法
左のメニューにある「三澤の予定表」を確認していただき、
空いてる日程の中から撮影希望日を決めていただいた上で
「お問い合わせ」のメールフォームからご連絡を下さい。

その他
年齢は問いません。
普段着で撮影予定です。
自転車の返却期限が早まってしまったら、打ち切りになる場合もあります。






Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト

三澤武彦写真展
「私的報道写真」
会期:2012年5月11日(金)~24日(木) 10:30–18:00
(最終日は15:00まで)休館:日曜日

エプソンイメージングギャラリー エプサイト
東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル1階



被災地の復興を願っています

日本赤十字社・東北関東大震災・義援金
日本赤十字社・東北関東大震災・義援金募集のページへ


by misawa_now | 2012-02-01 19:11 | ユーラシア ランドナー | Comments(8)