EVFギラギラ感 SONY α99M2と先代α99VのEVF比較検証 
a0120304_00185985.png

新しいα99M2のEVFの調子に納得がいかないので、
先代と比較検証してみることにしました。

上記のような簡単な検証チャートを自作し、A4サイズにプリントして
同じ50/1.4のレンズを使い、同じ距離から覗いてみました。

今、みなさんがご覧になっているディスプレイ上でも、上の図の線の中にモヤモヤした模様が見えると思います。
それがモアレです。
予想としてキメ細かいEVFほど、右寄りの部分にモアレが発生すると思われます。


検証結果 α99M2と先代α99Vで明らかな差が出ました。

先代で覗くと「8」と「9」の間でモアレが発生しました。それも微々たるモノなのでさほど気にならない感じです。

新型α99M2で覗くと、「7」と「8」の間でモアレが発生します。さらに「3」と「4」の間でも発生します。
新型はシャッター半押しした時と、しない時とでファインダー内の見え方が変わります。
(おそらくカメラ側のスタンバイなのでしょう)
シャッター半押ししないときは普通の縞模様のモアレなのですが、
しかし、シャッター半押しするととたんに様相が一変します。
何より問題なのは、発生するモアレが赤系と青系の偽色をおびた派手な縞模様になることです。これはひどい。

これがおそらくギラギラ感の犯人でしょう。

ためしにクリエイティブスタイルのコントラストやシャープをいじってみましたが、モアレの発生位置などには変化が出ませんでした。
これではとても、木漏れ日の中のポートレート撮影など無理なわけです。

ちなみに手持ちのRX10m3でも試してみました。
「7」と「8」の間のみにモアレが発生しますが、偽色は発生しません。
使っていてもギラギラした違和感はないです。


分かれる評価
でも、ネットの記事だけ見るとα99M2のEVFを絶賛する方もいるので、これは私のα99M2だけの個体差なのかもしれません。
それとも搭載している有機ELの問題でしょうか? 設計上のファインダーの光学系の問題かしら?
撮影スタンバイのシーケンスの問題?
どちらにしろ、自分の機体はEVFの画素ピッチとファインダーの倍率が共鳴?干渉?している感じなのです。

試しに先代のファインダー光学系を新型に移植して検証見たいなあ。
でも偽色まで直るかなあ?
α7系 α9系でも検証してみたいなあ。










# by misawa_now | 2017-09-23 00:45 | Aマウントでいこう | Comments(0)
2017/9/8 ご夫婦の写真
a0120304_00105580.jpg
<2017 愛知県刈谷>


なかよし

夏の想い出撮影会












自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2017-09-11 00:12 | Comments(1)
2017/7/24 結婚式の前撮り
a0120304_00053947.jpg
<2017 名古屋>


地元では恐竜公園と呼ばれています。












自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2017-09-11 00:07 | Comments(0)
タミヤ1/20ラジコンヨット ヤマハ・ラウンドザワールド  vol.5


<2017 名古屋>



今年もやっと、ヨットを浮かべることが出来ました。
今から、11月頃までがいつもの池がイイ方向に夕日が沈むんです。











自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2017-09-10 23:59 | Comments(0)
α99mark2 EVF電子ビューファインダーのこと
a0120304_20440590.jpg
<α99mark2のEVFの印象を、視覚的に再現してみた。やたらコントラストが高くてエッジが効きすぎてる感じ>


α99mark2の電子ビューファインダー

先代のα99から電子ビューファーンダーに接しています。
その感覚でα99M2のファインダーを覗くとちょっと戸惑ってしまいます。
先代のEVFは完璧とは程遠いモノの、トーンの再現などはかなりいいせんいっていたのだなと、99M2のEVFを覗いて感じます。
先代は全体的にコントラストが低く、輝度もあまり高くありませんでしたが、(おかげで晴天屋外では何が写っているかわからなくて(汗)
新しい99M2は全体的に明るくなって、その分コントラストも上がっていて、いや上がりすぎていて、覗いていてあまり気持ちが良くないのです。
私に言わせれば、ギラギラ、ギトギトした脂ぎったような眺めです。

そういえば以前、ソニーからα7sをお借りして使っていたことがあり、その時も同じようなことを感じました。
それが自分をEマウントに転向しなかった理由の一つだったことを思い出しました。

撮るときはファインダーを見て感動しています
写真はファインダーで感動したモノを撮っているので、ファインダーのデキはかなり重要なのです。
α900であれだけファインダーにこだわったのに、α99M2のファインダーは何が写っているか確認は出来るけど感動は出来ないファインダーになっています。
これは、とても残念です。




できる対処として

EVFの良さは、撮影時に色温度やコントラストや彩度の設定がそのまま反映されて確認できることです。露出補正も。
先代のEVFは、露出は±2まで(これが結構不便)
クリエイティブスタイルはコントラストと彩度までは再現されるみたい。DORは再現されません。

99-2のEVFは(α7-2系と共通と思われ)
露出補正は±3まで反応し、クリエイティブスタイルはどうやら、シャープも再現しているようです。

自分の撮影の傾向として、撮って出しの仕上がりを良くするためにコントラスト高め、シャープを上げ気味にする傾向にあります。
先代の設定をそのまま99-2でやってみると、前述したギトギトの画面になってしまうみたいです。
なので、ファインダー覗きながら、クリエイティブスタイルの設定を自分が我慢できるあたりまでコントラストを下げ、シャープも落としてみました。
これで、しばらく使ってみようかな。


EVFもシャープ値が反映されるんだったら、プロサポートでそのあたり調整してもらえないのかしら。
できたら、メニューにEVFのシャープとコントラストを変えるパラメーターを用意して欲しいです。
クリエイティブスタイルのパラメーターみたいに。

おそらく同じファインダーを使っているα7系の記事では、やたらとEVFの素晴らしさをうたっているモノが多いのですが、自分はこれはダメだと思っています。
正直、今回の自分みたいにα7系のEVFに違和感感じる人も多いだろうし、
そのあたりがαに転向できない理由だったりするから、ソニーさんもなんとか対処して欲しいなあと思うわけです。

99-2よりましな先代のEVFですが、光学ファインダーのようにはいきません。
人物撮影の多い自分は、人の微妙な表情の変化を追っているのですが、今のEVFではそこまでわかりません。このあたりも課題です。
なので自分は、ファインダーから目をはなし、肉眼で確認しながら撮ることも多くなりました。

(追記)
ソニーに電話しました。
メニューで、表示画質を高画質から標準にすると多少良くなると言うことでやってみました。
結果、少し変わった・・・かもしれないです。

(追記の追記)
上記の見え方を、ちゃんと検証しました。
前よりひどくなりました(汗)



α99M2と先代α99VのEFVの比較
なかなか厳しいα99M2のEFVですが、AF性能はとても良いので何としても活かしたいのです。
このあたりは、完璧な機材などないと思っているので、使う側が学習しなければいけないという精神がαユーザーには根っ子にあるのだと思っています。

先代と新型に同じレンズを着けて確認して、何をどう直して行くか検討すれば良いわけですが、
さすがに同じレンズを二本持っていません。
とりあえず、Aマウント改造したコンタックスのレンズと、ソニーの85/1.4をつけて比較検証してみました。

●ファインダーの倍率が違う。
なるほど、先代と同じ画素数の画面を、さらに拡大して見ているから余計荒く見えるのだと感じました。

●明るさが違う。
先代ではファインダーの明るさオートで使っていたけど新型で同じオート設定するとかなり明るさが違いました。
先代が、晴天屋外では暗すぎて見えにくかったのに較べ、新型は明るさをかなりあげて対応している感じです。
明るくなった分、コントラストが高く感じてギラギラ感を出しているのだと思いました。
とりあえず、マニュアル設定でマイナス2まで下げてみました。
それでも先代より少し明るいですが。

●クリエイティブスタイルとピクチャープロファイルの設定
とりあえず、クリエイティブスタイルでシャープを最低まで下げてみました。これで多少ましになったのですが、いろいろ調べてみるとクリエイティブスタイルの元になっているピクチャープロファイルをもっと詳細に設定し直せば、さらにギラギラ感を抑えれるのではないかと睨んでいます。
ただ、ピクチャープロファイルをいじると、クリエイティブスタイルはつかえなくなります。
なので、ピクチャープロファイルでクリエイティブスタイル/ポートレートを再現するレシピをソニーに聞こうと思ったのですが、
まてどくらせど返信の電話がかかってこないなあ・・・2017/9/21

●プレビューがきれいじゃない
新型は高速連写にも追従して、像喪失時間も短くなりました。が、その反面、プレビュー画像がデータが間引きされている荒い画面になっています。
これがまた、撮影意欲をそぐわけです。撮った!という満足感がなく、あれ?と頭の中に疑問符が浮かぶわけです。

つづく













自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2017-09-10 21:14 | Aマウントでいこう | Comments(0)
2017/8/31 最初の一枚
a0120304_10150928.jpg
<2017 名古屋>


ギターでも弾いてくれそうな彼でした。











自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2017-09-08 10:16 | Comments(0)
Aマウントで行こう SONYα9とα99mark2どっちにするか迷って
a0120304_19074096.jpg
<SONY α99mark2 85mm1.4ZA F2>
99シリーズに備わる縦位置でもローアングル可能な三軸チルトモニターは人物撮影が多い自分にとってとても価値があるのです。


SONYα99mark2 ファーストインプレッション
α経歴
一時期キャノンに浮気したこともあったけど、α900から99へと移行し、フィルム時代のαレンズ資産を活かしながら使ってきました。
誰もあまり話さないけど、α99は問題も多いカメラでした(笑)内緒だけど。
昨今ソニーがあきらかにEマウントに力を入れていて、Aマウントユーザーは砂の城の住人のような感じでしたが、α99mark2が出て少しホッとしました。それでも最後のAマウント機とか噂されています(汗)。

自分もmark2にしようかEマウントか、購入をためらっているうちにα9が登場し、これはいよいよEマウントの時代だと思ったのですが、いろいろ見比べてやっぱりα99mark2にすることにしました。
α9が言うほど良すぎることもないらしいことと、(又聞きです。そう思いたい願望もありますw 乗換え組にはソニーのカメラはかなり使いにくいと思われます 次の9mark2くらいが狙い目かしら。)自分が持っている過去のレンズ遺産と三軸チルトモニターが決め手です。

今日、届きました。
久しぶりの機材導入だったのでうれしくて、届いてから仕事そっちのけであれこれ設定していました。
何よりα99の正統な進化系だと言うことがうれしかったです。
α99で手こずっていたことが、いろいろ解消されています。反応がとても小気味よい。
そして、スピード&精度ともに一番の問題だったAFは、イオスと遜色ないあたりまで速くなりました。
それにプラスして顔検出と瞳AFを駆使すれば、あたらしい時代のカメラとして簡単にイオスを凌駕できるレベルだと思いました。

Aマウント 

何となく過去の遺産的に見られがちですが、素養は決して悪くないです。
機械連動のAFカプラーと絞り連動レバーが残るマウントですが、マウントの電気接点に予備もあるらしいので、絞りも電子化が可能だと思うけど、逆にあえて機械連動の直結したダイレクトなタイムラグの少なさとかウリにしたらいいのに。
推測するに、カメラ部門のノウハウが欲しかったソニーが、ミノルタのカメラ部門を吸収しαを作り続けてきましたが、ミノルタの束縛からはなれたカメラを開発したくてEマウントが誕生したのだろうなと理解しています。

問題はソニーが、AマウントとEマウントにちゃんと役割分担をさせなかったことだと感じています。
同じメーカーから、どちらも使いたくなる迷うようなカメラが出ていることが問題かなと思います。

今をときめくα9はまだ実写したことがないので、今日届いたばかりの99-2と簡単に較べることは難しいですが、せめてメーカー側からそれぞれの得手不得手ぐらい表示してほしいものだと感じています。

オリンパスほどじゃないですが、かつてのミノルタにも確実なファンがいました。
フィルム時代のX-1の先見性(実用性はイマイチだったけど)、CLEXDの触る機械としての喜び、X700のシンプルな使いやすさ、それぞれファンがいたのだけど、ミノルタもソニーもそのあたりのファン層をあまり大事にしてこなかった気がしています。
Eマウントはおそらく時代が注目する輝かしい家電カメラになるでしょう。だけど、AマウントはEマウントのマネしてもダメだと思います。みんな古いマウントだと思っているから同じウリが通用しません。

できれば、本当のαファンが生まれるような思い切りこだわった、尚かつ所有してうれしいカメラをAマウントで作ってほしいなあと思うわけです。
シャッタータームラグとかシャッターボタンストロークとか極限まで煮詰めましたとか。スイッチやリング、握ったときの触感にこだわったとか。
二つもマウント持っているのだから、それくらいの事してほしいなあ。


a0120304_19213794.jpg
上の写真の 1:1等倍表示  画面サイズM 
JPEGをライトルームで明るくしたのでちょっと荒れています。
猫には瞳AFは反応しませんでした。











自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2017-09-04 19:24 | Aマウントでいこう | Comments(0)
SONY RX10マーク3のこと 【カメラ設定とフォーカスエリアの試行錯誤】

a0120304_12501929.jpg
<2017 名古屋>


自分にとってのベストなカメラ設定を考えます。

人物撮影が多い自分にとって、どんな設定がベストなのか考えて行きます。

撮影モード A 絞り優先モード
コンデジには珍しく絞りリングが備わっているカメラですが、操作性はあまりよくありません。
でも設定してある絞りが一目で確認できるのは安心感があります。
とは言いつつも、絞りを操作することは実際はめったになくて、ほとんど開放で撮影しています。
最初いろいろ試してみたのですが、絞るとなかなかピントが正確でなくなってしまうからです。
コントラストAFのせいかもしれません。
開放で撮りたくて絞りたくないので、絞り優先のAモードを使っているわけです。

ISOオート 100-1600
裏面照射COMSになって以前よりも高感度が強くなったと言われていますが、
実際使ってみると、高感度が強いと感じません。
もっと高い感度も設定できるのですが、ボロボロになるのでギリギリ1600まで使っています。
それでも暗いところではまだ厳しい感じ。

ホワイトバランス AWB A+1 M+1
人物撮影がおおいので、肌を暖色系にふるためにちょこっとだけいじっています。

クリエイティブスタイル ポートレート コントラスト+2〜0 彩度-1〜0 シャープ+2〜3
メイン機でα99を使っているので、それの再現に合わせている感じです。
コンデジカメラなのでもっと派手な再現かなと思ったらそうでもなくて、
ちょっと眠くて、彩度が足りない感じ。



フォーカスエリアの試行錯誤

a0120304_12501943.jpg

RXを使い始めて何よりカルチャーショックを受けたのが
顔検出の秀逸さです。

これまでのAFロックの繰り返しから解放されるのです。
今までのカメラだと追いつけなくてあきらめていたシーンがいとも簡単に撮れてしまいます。
フォーカスエリアをワイドにして、AFモードをCにしておけば、次から次へと合わせ続けて、自分は構図を優先してチャンスが来たら押すだけで良いのです。

横位置で全身が入るくらいのサイズから顔検出が働き始めます。
顔検出はとても優秀なのですが、
ときどき違う人の顔を検出してしまったり、メガネや帽子をかぶっていると反応しなかったり、手で口元を隠したり横を向くと反応しなかったりで完璧というわけではありません。(それでもかなり便利なのですが)
それで、ときどき中央のスポットAFにしたくなるのですが、いちいち切り替えているのが面倒くさいし、あわてている状況ではまず無理です(汗)

いままでは、
登録1にフォーカスエリアワイドで顔検出オン。
登録2にフレキシブルスポットAFに顔検出オフ。
レンズヨコのボタンを瞳AFに設定するという方法で使っていました。
これだと、切り替えに時間がかかってチャンスを逃すこともありました。

現在の設定は、
フォーカスエリアを中央(フレキシブルスポットAFだとダイヤルをさわるとAFポイントが動いてしまうこともあるので)
顔検出はオン。
そうしておくと、ワイドエリアほどではないですが、中央のフォーカスエリア外でも顔を検出するとそちらにピントを合わせることを発見しました。
さらに瞳AFボタンを押すと顔検出をはじめることも発見して、

フォーカスエリア中央
顔検出オン
瞳AFボタンで顔検出&瞳AFを作動させる

これが現時点のベスト設定ではないかと思っています。














自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2017-08-28 17:47 | Comments(0)
2017/8/17 はじまりの私的報道写真
a0120304_18011112.jpg

<2017 三澤家にて>

三姉妹の真ん中は面白いです














自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2017-08-23 18:02 | 今日の訪問者 | Comments(0)
2017/8/20夏の想い出撮影会
a0120304_17324639.jpg


<2017 名古屋>

家族の木

夏の想い出撮影会












自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2017-08-23 17:34 | Comments(0)
2017/8/20夏の想い出撮影会
a0120304_16265017.jpg
<2017 名古屋>


夏はお兄ちゃんが帰ってくる




# by misawa_now | 2017-08-23 16:28 | Comments(0)
Nissin ニッシンストロボ i60A と Air1 ソニー用の感想 
a0120304_00030329.jpg
<2017 愛知県西尾 i60A と Air1>


●いきさつ
ミノルタ時代からのαユーザーです。
ソニーになってからもずっとメイン機として使っています。

αはとても好きなのですが、満足しているとは言いません。
特にストロボの遠隔発光についてはとても後進システムでした。
社外品のリモコンで、シャッタースピードを気にしながらマニュアル発光させて
日中シンクロなどやってましたが、これがなかなか制約が多すぎて大変でした。

ニッシンのDi700A+Air1にソニー用が登場したときに、速攻で注文しました。
それ以来、自分のクリップオンストロボのメイン機になっていました。

不慮の事故で、取り付けシューを破損したとき
ニッシンさんからお声をかけて頂き、 i60Aと外部電源パワーパックPS8をお借りすることになりました。
自分としてはDi700Aで十分だと思っていたのですが
使ってみると新しい機材は良いモノですね。

自分の写真は、自然光オンリーと思われることも多いのですが、
実は撮っている写真の半分はストロボを日中シンクロさせています。

a0120304_00492801.jpg

ストロボ撮影だと気付かれないくらいの使い方が好きなのです。

以前はレフを多用していましたが、
レフ板だとどうしても助手が必要になります。
レフ板と日中シンクロの写真を比較検討してみて、
レフだと光にメリハリがなくなってしまうけど、日中シンクロだとメリハリが残るので日中シンクロに移行しました。

● i60AとAir1  
新製品のAir10が発売延期になってしまって、Di700AについていたAir1をつかって、i60Aをワイヤレス発光させています。
メーカー表示では30mでも作動することになっています。
実際使ってみると20mが自分の経験での限界でした。
Air1の電池の残量にかなり影響されるみたいで新品アルカリ単四電池を入れればカタログどおりの性能が出るかもしれません。
充電ニッカド単四電池だと電圧が低いせいか、そこまで飛びません。
電池が少なくなってくると、反応する距離が短くなって不発が増えるので電池消耗の目安になっています。
電波式なので障害物もある程度は大丈夫だとおもったのですが、Air1にわざと手をかざしたりすると反応しなくなります。
そんなに強くないみたいです。


正確に計測したわけでないですが、
マニュアル発光で1/256でつかうよりも、TTLの方がさらに弱い発光になると感じています。
ワイヤレスでマニュアル発光で一番弱い光でハイスピードシンクロさせようとすると自動的に1/32以上になってしまいます。
どうもハイスピードシンクロさせるとそういう設定になってしまうみたいです。
なので、もっと弱く発光させようとしたら
TTLモードで、カメラ側で-3 リモコン側で-2〜-1の調光補正を組み合わせて
ほんのり明るいぐらいで使っています。
















自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2017-08-23 15:59 | Comments(0)
2016/11/12 七五三の写真
a0120304_22594717.jpg

<2016 静岡県浜松市>


結婚の写真を撮ったのは何年前だっけ?






2017.1.28〜
名古屋栄ソニーショールームαカフェにて写真展やります。
遊びに来てくださいね。


Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.
エキサイトブログ・ピックアップブロガーのインタビュー
公式サイトmisawa-world.com

自宅前撮り自宅結婚式

# by misawa_now | 2017-08-23 15:38 | 旅する写真屋 家族写真 | Comments(0)