旅写号 VW T4ユーロバンMVウエストファリア 1993 アライメント調整
a0120304_2262221.jpg

<2014 愛知県名古屋 中部アライメントセンター>



旅写号のアライメント調整は中部アライメントセンターさんへ出しています。

最初の頃、旅写号は運転にとても気を使う車でした。
路面の凸凹でハンドルを取られるし、横風に弱くていつもあおられて、
伊勢湾岸道を走るのが結構怖いクルマでした。
で、6年前に持ち込んでアライメントを見てもらったのが最初です。


a0120304_2263199.jpg






ウチの旅写号、ホイールが替えてあるらしく
そのため、タイヤの接地面の中心と、舵角の回転軸の中心が合ってなく
ハンドルを取られやすかったのです。
外力が加わると必要以上に反応してしまう状態です。
その時の説明がとてもわかりやすくて理にかなっていて
クルマの操縦性も劇的に変わったので
以後、アライメントはここと決めています。



さて、今回は4年ぶりの調整です。
さすがに23万キロを超えて、足回りもあちこちガタが増え
かなり前から左流れがでるようになって、高速道路はまっすぐ走るのに気を使ってました。
それでアライメント調整をお願いしたら、足回りのガタが多すぎて調整しても意味がないと言われ
ドライブシャフトやらボールジョイントやらを多数交換し
ついでにタイヤもバーストしたので新品にした上で再度お願いしました。

a0120304_2264243.jpg


内容はご自分で解読していただくとして
アライメントを基準の状態に近づけた上で、タイヤの個体差による流れを
微調整しているらしいです。
(詳細は中部アライメントセンターさんのサイトに詳しく出ておりますので、勉強しながら見て下さいね)
以前調整したときはガタの多さでやっと基準値におさまるくらいでしたが、
今回は余裕を持っておさまっています。

図にするとこんな感じ

a0120304_2263650.jpg



調整後はどうなったかというと・・・
ジョイント類を交換したし、タイヤも新品だったので、それなりに以前よりも安定感がでたのですが
キャンバーが調整されて、タイヤの接地面積が増えたせいなのか
さらにどっしりした安定した走りになっています。
なんとなくというレベルではなく、別の車に感じるくらい。











みなさんのご連絡により、画像の無断使用を発見することができました。ありがとうございます。


Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.
ピックアップブロガーのインタビュー
名古屋和装前撮りロケーションフォト


misawa-world.com
by misawa_now | 2014-08-06 22:26 | 旅写号 VW T4 1993 | Comments(0)


<< 8/7 滝の水公園修復作戦 2/8 ベリーダンスの宣材写真2 >>