【レポート】Canon EOS5Dmark.2 山下式凹型アルミレリーズボタン

●市販のこと
制作者の山下さんより市販の詳細を連絡いただきましたので、こちらにお知らせしておきます。

株式会社 PDA GALLOP (ピーディーエー ギャロップ)
------------------------------------------------------------------------------------------
〒550-0001
大阪府大阪市西区土佐堀1-6-20 新栄ビルディング 1001A
06-6441-7535
http://www.pda-gallop.com/

山下式凹型アルミレリーズボタン

*対応機種
Canon EOS20D〜5Dmk3まで。
*価格
本体価格は3千円。交換工賃3千円
(工賃には各部点検・各部清掃・センサークリーニングを含みます。)
*購入方法
弊社に送って頂ければ、基本中一日、宅急便着払いで返送致します。
アルミ凹みレリーズ交換希望と書いて送って下さい。
又、もし別途修理が必要な場合などご連絡させて頂きますので、連絡のつく連絡方法をご指定下さい。
*お支払い方法
代引きにて発送致します。代引き手数料はお客様のご負担とさせて頂きます。
------------------------------------------------------------------------------------------


【レポート】Canon EOS5Dmark.2 山下式凹型アルミレリーズボタン 

a0120304_19463266.jpg

<材質はアルミ。このヘコミが指先をキャッチしてくれます>

●いきさつ
むかしむかし・・・機械式のカメラの頃にはレリーズボタンの穴に付ける
こんなパーツが売られていたりしました。

a0120304_18161680.jpg


これをレリーズに付けると指の接触面積が広がり
尚かつ指先をキャッチしてくれるような安心感があり撮影に専念できるのです。(※個人差あり)
自分は常用パーツとして愛用しておりました。
(余談:ケーブルレリーズを付けるたびに外すので月イチぐらいのペースで紛失してました(汗)

カメラの電子化が進みデジタル一眼の時代になるとレリーズボタンは丸いドーム型のボタンに落ち着いて
自分では何となくその形状が納得がいきませんでした。

そんな話を酒の席でキャノン系修理屋さんの山下さんにしたところ
アルミ削り出しで本当に作っていただくことになりました。
ありがたいお話しです。感謝。


Canon EOS5Dmark.2 山下式凹型アルミレリーズボタン



本日、凹型レリーズボタンに換装した愛機キャノン・イオス5D2が戻ってきたので(正確には旧・愛機)
早速その感触をレポートしたいと思います。

a0120304_18161597.jpg




●レリーズボタンの押し方
指先タイプ
レリーズボタンの押し方には人それぞれの好みや癖があります。
自分は指を立てて指先で押すタイプです。
何故かというと押したときにカメラ本体との接触がない方が手ぶれに強いような気がするからです。
それが本当に手ぶれに強いか根拠はありません。

参考/指先でレリーズボタンの押すタイプ
a0120304_1816155.jpg


こうやって使うときはこのレリーズボタンはかなり高い満足度で感触がよいです。
まるでボールがグローブに吸い込まれるように指先をキャッチしてくれます。
その安心感が、神経をより撮影に集中させてくれます。

iPhonのボタンも凹型だったりとか、キーボードのキーも微妙にへこんでいたりとか
指先で操作する器機はやはりこの凹型が理にかなっているのでしょうね。

欲をいえばもう少しヘコミ部分の面積を広げて欲しい感じです。



●レリーズボタンの押し方
指の腹タイプ
レリーズボタンの押し方にはもうひとつ指の腹で押す人もいます。
こんな感じ。

参考/指の腹でレリーズボタンを押すタイプ
a0120304_18161734.jpg


指先だと最高だったのですが指の腹でボタンに触れると、
指は凹の円周の二つの隆起をまたがるわけで、感触としてはかなり微妙です。
異質感というか正直言ってあまり気持ちよくない・・・

指の腹で押すタイプの人は凹型ではなくて、純正を数ミリかさ上げしたハイルーフみたいなボタンの方が良いのでしょうね。



a0120304_18161787.jpg

<モデルはスタッフのよしえちゃんね>





Copyright (C) みさわたけひこ TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.

名古屋和装前撮りロケーションフォト


misawa-world.com
by misawa_now | 2013-02-04 01:58 | Comments(0)


<< おばあちゃんおじいちゃん 2/3 今日の訪問者さん と ちろ >>